今回はスリーエフのレアチーズケーキをいただきます。

 

スポンサーリンク

 

5月11日にスリーエフから「コンビニスイーツ男子に捧げる、ずっしり大きなカップデザート」として3種類のスイーツが発売。

男性でも満足できるよう大きなカップに詰まったビッグサイズのスイーツというだけでなく、甘さ控えめの多重層の形状で最後まで飽きさせない味に完成させたとのことです。

 

  • 黄栗のモンブラン
  • ティラミス
  • レアチーズケーキ

 

先日、黄栗のモンブランを食べたのでふたつ目のレビューになりますね。

黄栗のモンブラン

黄栗のモンブランを食べてみた

 

レアチーズケーキ

 

こちらが新しい「レアチーズケーキ」です。

新しいってわざわざ付けたのは以前全く同じ名前のスイーツを紹介しているからなんです。

レアチーズケーキ ケース入り

レアチーズケーキを食べてみた

 

完全に同名なので混同してしまいますよね。

手を抜かずにちょっとくらい名前変えようよ、スリーエフ……。

旧作の方はホームページからも消えて店頭でも見かけません。

 

側面

 

横から見るとこんな感じです。

高さが10センチあるカップに入っていてずっしりとした重さ。

ボリューム満点です。

底の方に雑に詰められたスポンジは同シリーズの黄栗のモンブランと同じですね。

男なら細かいことを気にするんじゃない、と。

 

レアチーズケーキ 

 

パカっとオープン。

香りがしないところを見ると、上に敷き詰められた白いのはチーズではなくホイップクリームのようです。

 

スポンサーリンク

 

いただきます。

 

ホイップクリーム

 

順番にホイップクリームから。

ネットリとして結構固めのクリームです。

ミルク感がしっかりあります。

甘さは控えめなので重さはそんなにないですね。

 

クッキークラム

 

ホイップの下には細かいクッキーの層があります。

このへんも黄栗のモンブランと似ています。

さらさらと舌触りにちょっとしたアクセントを与ええくれています。

ただ、モンブランと違ってクッキーの大きい塊は入っていませんでした。

 

レアチーズ

 

メインのレアチーズです。

わずかな酸味はあるものの、ほとんどクセの無い軽い風味。

濃いチーズの風味が苦手な方でも問題なく食べられそうな味です。

甘さも抑えてありサッパリした味のチーズです。

 

メインの割にチーズの量は少ないですね。

 

スポンジケーキ

 

下にはスポンジケーキがぎっしり詰まっています。

このスポンジがしっとりしていてなかなか美味しいです。

きめが細かいケーキで口どけもいいです。

 

黄栗のモンブランにはラム酒入りのスポンジが使われていましたが、こちらはレモンシロップ入り

レアチーズの酸味をレモンの酸味が後押ししてくれていて、いい組み合わせです。

 

レアチーズケーキ断面

 

クリーム、チーズ、スポンジの三位一体が非常にマッチしています。

一見くどそうに見えますが、スッキリした酸味のおかげで抵抗なく食べれてしまいますね。

 

ボリュームに関しては文句のつけようがありません。大満足です。

ごちそうさまでした。

 

総評

美味しいレアチーズケーキでした。

チーズケーキとしては風味が弱すぎる気もしますが、そのぶんクセが無く誰もが食べやすい味に仕上がっています。

ひとつのカップスイーツとしてみると完成度はかなり高いと思いました。

 

先に食べた「黄栗のモンブラン」よりも後味もよく食べやすかったですね。

これだと男性だけでなく女性でも完食出来ちゃいそうです。

ビッグサイズなのでお買い得感もありますね。

 

食品表示1

食品表示2

 

気になるカロリーは381kcal(モンブランは410でした)

お値段は260円(税込280円)

 

スポンサーリンク