セブンイレブン埼玉限定わたぼく牛乳のみるくぷりん

今回はセブンイレブンの「わたぼく牛乳のみるくぷりん」をいただきます。

 

みるくぷりんって牛乳プリンと同じようなものですかね。

牛乳を寒天で固めたようなサッパリとした味を想像してしまいますがどうなんでしょう。

---スポンサーリンク---

わたぼく牛乳のみるくぷりん

わたぼく牛乳のみるくぷりん

おや、埼玉限定の印が付いています。

公式ページにも載っていない県内でしか買えないスイーツです。

他県の人が羨ましがるスイーツだといいんですが。

 

側面

わたぼく牛乳とは何か。

 

埼玉県行田市にある森乳業株式会社が販売しているオリジナルブランド。学校給食にも使われており、埼玉県民にはお馴染みの銘柄。

 

ふ~ん。埼玉ケンミンなのに知らなかった。

近所のスーパーの牛乳売り場では見かけませんね。

「わたぼく」って名前は聞いたことありますが、給食の牛乳もこのブランドではありませんでした。

時代の違いか地域の差なんですかね。

 

わたぼく牛乳のみるくぷりん

パカっとオープン。。

こんもりとホイップクリームが盛ってありますね。

ふんわりミルクの香りが漂います。

 

わたぼく牛乳のみるくぷりん

横から見るとホイップクリームの山。

このボリュームは迫力がありますね。

見ているだけで胸焼けしそうです。。

---スポンサーリンク---

いただきます

ホイップ

まずは大盛りのクリームから。

 

ふんわりとしていてミルク感が濃厚な美味しいクリームです。

でも、甘さは控えめで軽いですね。

しつこさは全然感じません。

 

プリン

プリンは牛乳プリンとは違いますね。

一般的な卵を使ったプリンと同系統の味です。

でも、卵より牛乳の風味が前面にでているので、たしかに「みるくぷりん」といえます。

クリーム同様こっちもミルキーで美味しいです。

いいじゃないですか、わたぼく牛乳。

 

プリン断面

中はこんな感じ。

ホイップもプリンもたっぷりありますよ。

ボリュームに関しては文句のつけようが無いですね。

 

カラメル

カップの底にカラメルソースが入っています。

美味しいけど普通のプリンの味になっちゃいますね。

ソースの量は少なめなのでちょっとだけ味の変化を楽しむのには悪くありません。

ごちそうさまでした。

総評

とても美味しいプリンです。

地域限定にしておくのはもったいないデキですね。

みるくぷりんはミルク感たっぷりでたまご風味もしっかり味わえるレベルの高いモノ。

ホイップクリームも牛乳の味がはっきり味わえて、ふわっと軽く素晴らしい仕上がりです。

 

プリンとホイップの単純な作りのスイーツでこのボリュームなので、後半やや飽きが来るかもしれません。

でも、最初のイメージの胸焼けするような重さは全くありませんでした。

ペロリといけました。

結構美味しいので、埼玉を通る際にはぜひ、どこかのセブンで買ってみてください。

食品表示

食品表示

気になるカロリーは358kcal(高いなー)

お値段は232円(税込250円)

 

わたぼくシリーズ関連記事

わたぼく牛乳のみるくぷりん食べてみた【セカンド】

ブルーベリーソースのわたぼく牛乳ぷりん食べてみた

キャラメルホイップのわたぼく牛乳ぷりん食べてみた

チョコホイップのわたぼく牛乳ぷりんを食べてみた

---スポンサーリンク---