ごくごく食える!ミニストップの夏プリンパフェを食べてみた

夏プリンパフェポスター

今回はミニストップの夏プリンパフェをいただきます。

 

ミニストップ2019夏の季節限定パフェ。

まさかプリンを持ってくるとは思いませんでした。

例年だと夏には旬のフルーツをメインにしたパフェが売り出されます。

プリンパフェはこれまで涼しい秋冬に販売されていましたからね。

わざわざ夏プリンと名付けたからには暑い時期用にカスタマイズしてあるはず。

さっそく食べてみました。

スポンサーリンク

夏プリンパフェ価格・カロリー

■夏プリンパフェ

価格:330円(税込)

カロリー:322kcal

 

値段もカロリーも2018年秋のなめらかプリンパフェとまったく同じ。

まさか味も一緒ってことはないと思いますが…。

 

一体感が大幅アップ!2018なめらかプリンパフェを持ち帰り(ミニストップ)
今回はミニストップのなめらかプリンパフェをいただきます。 毎年秋になると顔を出すプリンのパフェ。 今年は9月21日に発売されました。 たしか去年は「プリンの濃厚さ」をMAXにしたパフェとして登場したんですよ...

 

夏プリンパフェ感想

夏プリンパフェ

こちらが「夏プリンパフェ」です。

ボリューム的には前のと変わらないです。

全体的に白っぽくなった印象はありますね。

プリンの色が薄くなっています。

 

なんでも今回から、ピュアホワイトという黄身が白い卵でプリンを作っているとか。

そういえばマヨネーズのCMで聞いたような気がします。

 

 

夏プリンパフェプリンアップ

プリンはとろとろで液体のような柔らかさです。

つるりとなめらかな舌触りでのど越しは抜群。

甘いけど一般的なプリンよりは卵の風味がマイルドなのでつるつる食べられます。

生乳を2倍にすることで味を薄めずあっさり食べやすく改良してあるらしいっす。

 

たっぷりかかったカラメルソースもほろ苦くていい感じ。

シュガーローストのカリカリ食感もいいアクセントになっています。

 

 

夏プリンパフェバニラアップ

最近、甘さと卵の味が濃くなった新バニラ

プリンとの相性はかなりいいです。

冷たさ(バニラ)と温さ(プリン)が交互に口に入る感覚が気持ちいい。

 

 

溶けた夏プリンパフェ

混ぜて食べるとウメー。

前のプリンパフェより一体感は確実に増しています。

 

それと、かすかに喉奥にふわっと感じる後味がありました。

後で調べたら、プリンの隠し味に洋酒を効かせているそうです。

塩はわかりませんでしたが洋酒はなんとなくわかります。

おかげで甘ったるい感覚はほとんどありませんでした。

 

 

まとめ

夏にプリンってどうなの?

と思いましたがとても食べやすかったです。

ドリンクのような喉ごしにオレンジリキュールでしめる爽やかな後味。

これまでのプリンパフェのようなドスンと重い感じは全然ありませんでした。

たぶん砂糖も減らしてあるんじゃないでしょうか。

公式ページのカロリー表記は去年と同じでしたが誤表記の可能性もあるのかも。

そう思うくらいすっきり軽く食べられました。

 

ただ、フローズンフルーツ系パフェと違って溶けやすいです。

プリンがすぐ常温になっちゃいますからね。

ものの10分でデロデロになりそう。

夏の持ち帰りには不向きですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました