甘いのか?しょっぱいのか?和テイストのNEWハロハロ

 

ミニストップでは2017年版のハロハロが早くも登場しています。

暖かくなってきたので今年の初ハロハロを味わった方も増えてきたんじゃないでしょうか。

そんな中、ハロハロラインナップにひときわ異彩を放つ新作が登場しました。

 

ハロハロみたらし団子

 

新たに登場した和テイストのハロハロです。

販売予告の写真が登場したとたん物議をかもしたこの新作を、早速食べてみました。

---スポンサーリンク---

ハロハロみたらし団子を持ち帰り

 

こちらが「ハロハロみたらし団子」です。

価格は税込290円

 

ミニストップではハロハロも、こんな風にフタを付けてのテイクアウトが可能です。

ただ、保冷剤はないので暑い日にはそんなに長くはもちません。

 

 

パカっとオープン。

茶漬けかよ!

 

団子が周りに配置されたハロハロに海苔とあられがどっさり。

かなりインパクトのあるビジュアルです。

およそスイーツとは思えない、ご飯的な香りが漂っています。

 

 

横から見るとこんな感じです。

下は純粋にかき氷だけみたいですね。

味付けはみたらしオンリーなんでしょうか。

---スポンサーリンク---

いただきます

注目のみたらし団子から。

 

モチモチしていてとても美味しい団子です。

一般的なお団子よりも弾力がありますね。

味はもちろん甘じょっぱいみたらしの味。

団子そのものにも昆布だしを使って味付けしてあるみたいです。

 

 

ミニストップのバニラは安定の美味しさ……と言いたいところですが、これだけ海苔あられやみたらしソースがかかっていると元の味なんかよくわからないですね。

 

みたらしの甘じょっぱさがバニラの甘さを引き立てている…のか?

私はやりませんが、アイスに醤油をちょい足しして食べる人なんかは抵抗なく受け入れられる味だと思います。

 

海苔とあられがまたパリパリで主張が強いです。

そうは言ってもスイーツ用に改良されたトッピングなんでしょ?と思うかもしれませんが、完全にどノーマルの海苔とあられです。永●園お茶漬けのもとに入っているのと同じやつですね。

 

 

みたらしソースにはこだわりの丸大豆醤油を使用。

この塩気のつよいソースがかき氷に染み渡っています。

バニラと混ぜないとしょっぱくてかないません。

 

味の感想

軽くみたらしの香りがする程度かと思ったら、がっつり醤油が効いていました。

トッピングの海苔にみたらしが絡むと塩気がさらに倍増します。

決してマズくはないんですが、かなり人を選ぶ味付けです。

私は普通に甘いほうがいいかな…。

 

あ、団子は美味しいです。

 

他のハロハロとのカロリー比較

 

■2017年のハロハロカロリー

 

みたらし団子:318kcal

黒蜜きなこ:268 kcal

フルーツ杏仁:222 kcal

ラムネ:258 kcal

 

ハロハロみたらし団子のカロリーは他と比べると高めです。

ソフトとかき氷は共通なので、単純に団子のカロリーが高いということでしょうね。

 

ハロハロみたらし団子の販売期間はいつまで?

 

ハロハロの販売期間は毎年9月中旬から下旬ごろまで

暑い季節が終わるころに終了します。

 

ただ、種類によっては早々になくなってしまうハロハロもあります。

2016年だとハロハロ白桃があっという間に終了していました。

定番や人気のある物ほど残りやすい傾向があるみたいですね。

 

で、それを踏まえるとみたらし団子味は人を選びそうな味なので、ラストまで残りそうな気がしませんね。

気になる方はお早めに食べてみてください。

---スポンサーリンク---