今回はサークルKサンクスの桜香る抹茶パフェをいただきます。

春になって桜をモチーフにしたスイーツが各コンビニに並んでいますね。

そんな中でもひときわ目立つシェリエドルチェのパフェを購入。

でかいなあ。

 

桜香る抹茶パフェ ケース入り

売り場でも異彩を放っていたパステルカラーの集合体。

斜めに撮影してるから可愛らしく見えるでしょ。

サイズが結構大きいんです。

 

側面

横から見るとこんな感じです。

この多重構造が目を引きます。

でも、緑とピンクの層は同じものじゃないの、これ。

 

スプーン

パフェ用のロングスプーン。

シェリエドルチェのロゴがちょっとだけオシャレ。

 

桜香る抹茶パフェ

いざ、オープン。

桜香る、とのことですがよくわかりませんね。

抹茶の香りがほのかにするくらいです。

---スポンサーリンク---

 

いただきます。

どこから食べればいいんだろ。

抹茶クリーム

まず抹茶クリームから。

甘さは控えめで柔らかいです。

それなりにコクがあって軽くはないですね。

抹茶の風味は弱めです。

 

白玉

これは普通の白玉ですね。

味はないのであんこと一緒にいただきましょう。

この大きさのパフェに白玉2つあるとお腹にたまりますね。

 

桜寒天

これは桜の寒天でしょうか。

ぷるんとした弾力があり、うっすら甘いですね。

寒天らしからぬモチモチした歯ごたえもあって美味しいです。

わずかに桜の香りがするような……微妙すぎて自信ないです。

 

スポンジ

外から見えませんが、抹茶クリームの下にはスポンジケーキも入っていました。

量は少なめで味は普通です。

横から見える黄色い層はカスタードクリームですね。

コクはありますが甘さは抑えめです。

白い層は想像通りホイップクリーム。

こちらはしっかり甘いです。

 

桜の塩漬け

桜の塩漬けはかなりしょっぱいです。

お弁当の梅干しのように、周りのスポンジにも塩気がうつっていました。

甘いパフェに変化がつきます。

 

パフェ断面

最深部にも桜寒天。

うまいけどさすがに飽きますね。

やはりこのボリュームは食べごたえがあります。

ご、ごちそうさまでした。

総評

甘くてガツンと量のあるパフェでした。

え、それだけ? と言われそうですが、あんまり味に特徴がないんですよね。

見た目のインパクトの割に抹茶や桜の風味も軽いので、食べ終わったあとに「甘いパフェをいっぱい食べたなあ」くらいしか残りませんでした。

一つ一つの素材は悪く無いと思うんですが、全体のバランスがいまひとつ。

抹茶か桜のどちらかに寄せれば、味の方の色も出たような気がします。

贅沢言えば酸味のあるフルーツが欲しいですね。

このサイズで箸休めが桜の塩漬けだけなのは寂しいです。

なんだか辛口の評価になってしまいました。

でも桜のゼリーは弾力があって美味しいので気に入ってます。

この金額にしてはボリュームもありますから、甘いモノをガッツリ食べたい人にはいいんじゃないでしょうか。

 

食品表示1

ゼリー中の黒い粒は桜由来~と書いてありますね。
ちゃんと桜が入っていました。

食品表示2

気になるカロリーは394kcal

お値段は276円(税込298円)

 

※ホームページを見ると【全国】394kcal【北海道】482kcalと記されています。
北海道版にはカロリーメイトでも入ってるのかしら……。

---スポンサーリンク---