サークルKのミニスイーツ ぷにもちシュー チョコ

今回はサークルKの「ぷにもちシュー チョコ」をいただきます。

 

サークルKではお馴染みのぷにもちシリーズ。

ジャンルとしてはミニシュークリームになりますね。

 

1

ミルククリームもちぷよ(ローソン)

ローソンだともちぷよシリーズ。

 

1

もちぽにょ(スリーエフ)

スリーエフのもちぽにょシリーズなど。

 

他にもセブンイレブンの「もちぷにゃ」やファミリーマートの「ぷにほっぺ」など、各コンビニに用意されている人気のジャンル。

値段も安いので、ちょっと一品甘いモノがほしいときには重宝するミニスイーツです。

 

でも、意外に品切れしている場合が多い気がしますね。

というわけで、久しぶりに見かけたぷにもちシューを購入してみました。

 

スポンサーリンク

ぷにもちシュー チョコ(希少糖入クリーム)

ぷにもちシュー チョコ

 

こちらが「ぷにもちシュー チョコ」です。

 

サークルKぷにもちシューは希少糖入りのクリームを使っています。

希少糖というのはその名の通り自然界に存在の少ない糖のことです。

現在確認されている希少糖は60種類ほど。

「虫歯になりにくいガム」などで馴染みのあるキシリトールもそのひとつです。

 

1

ライザップのコミットスイーツ3種

 

ライザップ監修で発売された糖質カットのスイーツにも、エリスリトールという希少糖が使われていました。

糖質をごっそりカットされているとは思えないくらい美味しいスイーツでした。(カロリーは普通)

 

で、このぷにもちシューにはD-プシコースという希少糖が使用されています。

砂糖に近い甘さを持ちながらカロリーはほとんどゼロ。

内臓脂肪や血糖値の急上昇を抑える働きが期待される希少糖です。

 

でも、裏の栄養表示を見ると「カロリー217kcal・炭水化物18.6g」と平凡な数値。

ダイエットフードというわけでは無さそうですね。

 

参考サイト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E5%B0%91%E7%B3%96(ウィキペディア 希少糖)
http://raresugar.co.jp/raresugar/(レアシュガースウィート公式通販サイト 希少糖ってなに?)

 

ぷにもちシュー チョコ 

 

ぷにっと皿に乗せてみました。

 

直径は7センチ弱と小ぶりなサイズです。

チョコレートの匂いがします。

 

半分にカット

 

スパっと半分にカット。

中にはチョコクリームが隙間なく入っています。

限界いっぱいまで注入した感じですね。

 

スポンサーリンク

いただきます

一口

 

うん、美味しいです。

生地には少し塩気を感じます。

噛みごたえのある弾力と風味の強いチョコクリームはよく合っています。

思ったよりは甘くないですね。

 

チョコクリーム

 

希少糖D-プシコースを含んだチョコクリームです。

ネットリと固めでコクがあります。

 

苦さはないのにカカオの風味がやたらと濃厚。

甘さは少なめですがこってりしたクリームです。

 

ぷにもち生地

 

皮にはもっちりとした弾力があります。

香ばしさもあって美味しい生地です。

 

皮だけで食べると塩気がハッキリわかりますね。

このしょっぱさがクリームの甘さを膨らませているようです。

 

ぷにもち断面

 

サイズは小さいですが油脂感のあるクリームがたっぷりなので、お腹にたまりますね。

後味はやや重めです。

ごちそうさまでした。

 

総評

もっちり美味しいシュークリームです。

弾力のある生地とたっぷりチョコクリームで食べごたえは十分あります。

チョコの風味が濃厚なのにクリームが甘すぎないのもいいですね。

希少糖のおかげもあってか、サッパリとした甘さです。

 

でも、コッテリとした油感は割りとあります。

カロリーも決して低くはないですね。

個人的にはもう少し軽いクリームのほうが食べやすい気がします。

 

食品表示1

食品表示2

 

気になるカロリーは217kcal

お値段は93円(税込100円)

 

スポンサーリンク