みんな大好き!クレープの記念日とは?

 

フランス発祥の料理クレープ

日本では昭和の流行の影響でスイーツのイメージが強いですね。

今ではファミレスやコンビニにも並ぶ定番メニューです。

そんなクレープにも記念日があることをご存じですか?

クレープの日の由来や、お得に食べられるお店の情報をまとめました。

---スポンサーリンク---

クレープの日はいつ?

クレープの日は毎月9日・19日・29日です。

つまり「9」がつく日ですね。

スイーツメーカーのモンテールが制定したもので、ちゃんと日本記念日協会に登録されています。

 

 

その由来はクレープを巻いた形が数字の9に見えるから、だそうです。

なるほど、スイーツコーナーで売っているような出来合いのクレープを思い浮かべるとピンときませんが、専門店で販売しているクレープだと数字の9のようにシンプルに巻いてあるものが多いですね。

 

本場フランスにもクレープの日が?

さて、日本で制定されたクレープの日とは別に、本場フランスにもクレープの日があります。

それは2月2日です。

シャンドゥルール」と呼ばれるこの日に、フランスではクレープを食べる習慣があります。

これは単なるスイーツ記念日ではなく、聖燭祭というキリスト教の祝日です。太陽に似た形のクレープをキリストの「光」と重ねて食べるようになったと言われています。(※諸説あります)

日本のクレープの日といっしょにすると怒られそうなくらい、由緒正しい由来ですね。

 

で、2月2日のこの習慣を日本でも広めていこうと、フランスの調理器具メーカー「ティファール」が日本記念日協会に申請しました。2017年から正式に2月2日は「フレンチ・クレープデー」と登録されています。

日本人は記念日好きなので、今後は関連イベントも増えていくのではないでしょうか。

ただ、節分と近すぎるのがちょっと気になりますね。恵方巻きとクレープだと「巻く食べ物」としても若干カブっていますし…。

 

クレープの日にサービスしているお店は?

クレープの日にセールを行っているお店で圧倒的に知られているのが「ディッパーダン」です。クレープの日=ディッパーダンの日と言ってもいいくらい有名です。

ディッパーダンは日本でのブームの火付け役ともなったクレープショップの老舗店です。

以前はダイエー系列のお店でよく見かけました。いまでは全国のイオンの中に多くの店舗があります。

 

このディッパーダンが毎月9・19・29日のクレープの日に、全品税込300円セールを行っています。

メニューの中には500円近くするものもあるので、かなりお得感がありますね。

しかも、店舗によっては20日・30日もサービスデーにしているところもあるそうです。イオンのお客様感謝デーに合わせているのでしょうが、月に5日もお得な日があるのはすごいですね。

ディッパーダンの公式ページへ

 

 

クレープの日を制定したモンテールでも毎月キャンペーンが行われています。

期間中にモンテールの楽天市場店で冷蔵スイーツを注文すると、シェフの一押しクレープが1個プレゼントされます。

対象日は毎月月替りで9のつく日のどこかに設定されています。

【楽天】モンテール クレープの日キャンペーンのページへ

 

 

もう一軒、アイスクリーム店の「ブルーシール」でもセールが行われています。

ブルーシールはアメリカ生まれ沖縄育ちのアイスクリーム専門店。

毎月9のつく日にはクレープ商品が全品90円引きになります。

ただし、今のところセールを実施しているのは沖縄にある6店舗のみ

サービスを受けられるのは、県内の方かクレープの日に沖縄旅行に行った方になります。

お店は全国展開しているので、これから他の県にもサービスが広がっていくのを期待したいですね。

ブルーシールの公式ページへ

 

まとめ

クレープの日についてまとめてみました。

ディッパーダン以外でも、クレープをウリにしているお店ならサービスデーにしている可能性は大いにあります。

9のつく日にお得にクレープを楽しみましょう。

スイーツ好きとしては、新しく出来た2月2日「フレンチ・クレープデー」も広まってほしいところです。

---スポンサーリンク---