極薄の生地でチョコが透けている?虎柄のクレープ登場

今回はセブンイレブンの「チョコバナナクレープ」をいただきます。

 

1月24日に発売された商品です。

チョコバナナというクレープでは直球の味。

そういえば、セブンに王道のクレープが並ぶのは久しぶりな気がします。

他のコンビニにはいつも置いてあるんですけどね。

---スポンサーリンク---

チョコバナナクレープ

こちらが「チョコバナナクレープ」です。

外見はシンプル。チョコが縞模様になっているのが特徴です。

価格は税込200

大きさからするとクレープとしては平均的ですね。

サイドから開けるかぶりつき仕様。

食べやすくていいんじゃないでしょうか。

 

しかし、皿の上にどん。

まるで虎柄です。生地が薄くてチョコが透けているんですね。

大きさは長さ8センチの太さが4.5センチくらい。

ほどよいサイズに見えます。(市販のクレープはデカすぎる)

 

横から見るとこんな感じです。

薄い生地1枚で器用に巻いてあります。

普通のクレープは破れにくいように二重に巻くことが多いですよね。

ちなみに逆サイドはクリーム満タンです。ブラボー。

開け口を無視してこっちサイドから食べようとすると、ホイップ溢れてメチャ苦労するでしょう。

---スポンサーリンク---

いただきます

むむ、美味しい。

いや、チョコバナナのクレープでマズイものはめったにありませんが、その中でもかなりレベル高いと思います。

 

薄くて軽い生地に冷え固まったチョコレートのパリッとした食感。柔らかなホイップの中から熟したバナナの甘さがジワリ。

ひとつひとつの味が飛び出さずに上手く一体化しています。

 

ホイップクリームは流れ出そうな柔らかいタイプ

とろりと口どけがよく甘さは控えめです。

 

中心には完熟バナナが半カット入っています。

ねっとりの果肉が柔らかクリームとよく混じり合います。

マイルドな味にこのバナナで十分な甘みが加えられますね。

よく見るとカスタードクリームも入っています。

こちらは卵風味が強く甘さもしっかりあります。

量は少なめなので、ほどよい援護射撃と行ったところです。

 

クレープ生地はかなり薄め

表面がこんがり焼きあがっていてパリッとした食感です。

 

おそらく焼きあがった生地にチョコレートで線を引いて、固まる前にクルンと包んであるようです。

なので、生地とチョコが密着してキレイな縞模様が出来るんですね。

固まったチョコは、クレープにパキパキとした感触と甘さをプラスしてくれます。

ところどころチョコが多めに固まっている部分もあって、それもまたウマし。

 

クレープとしては珍しく、かなり軽い後味です。

ボリュームも多すぎず少なすぎず、ちょうどよく感じました。

ごちそうさまでした。

総評

美味しいクレープです。

特徴的な極薄の生地は軽い歯ざわり。チョコレートの甘さとパリパリ感がくっついているので、存在感はそんなに薄くありません。

さらにクレープにつきものの卵の香りはカスタードで加えています。

ホイップもさらりと口どけの良いものなので、全体が軽い仕上がりになっています。

バナナの甘さで満足感もしっかりあり、それでいてクドさを感じないちょうどいいサイズです。

 

クレープは好きだけど重たいんだよなあ…そう感じている方にはオススメです。

逆に、メガホンみたいなビッグクレープをぺろりとイケちゃう人には物足りないかもしれません。

食品表示

気になるカロリーは223kcal(このクラスのクレープは300超えが多い)

お値段は186円(税込200円)

---スポンサーリンク---