台北スイーツ 台湾式マカロン

今回はファミリーマートの「台湾式マカロン(ハニータイペイ)」をいただきます。

 

7月19日に発売されたマカロンです。

マカロン自体はコンビニに置かれることも増えましたが、台湾式というのは珍しいですね。

味の想像がつかないところに興味を惹かれて購入してみました。

 

スポンサーリンク

台湾式マカロン(ハニータイペイ)

台湾式マカロン(ハニータイペイ)

 

こちらが「台湾式マカロン(ハニータイペイ)」です。

赤いパッケージにピンク色の本体。

木苺らしきイラストからストロベリー系の味だとは、なんとなく想像がつきます。

 

左上にはファミマのマークと台北政府観光伝播局の文字。

このマカロンは共同で開発されたそうです。

 

価格は税込240

……マカロンって高くないですか?

 

台湾式マカロン(ハニータイペイ) 

 

ツルンと可愛らしいピンク色のマカロンです。

直径は4センチちょっと。

あまりマカロンは食べませんが平均的なサイズに見えます。

 

側面

 

横から見ると厚みがありますね。

ハンバーガーの模型みたいな形になっています。

 

生地もふんわりですが中身のフレーバーもぷにっと存在感がありますね。

この赤いフレーバーはラズベリーのヌガーです。

ヌガーとはソフトキャンディにナッツやドライフルーツなどを練り込んであるモノのことをいいます。

 

と、パッケージに書いてありました。

へ~、知りませんでした。ヌガー。

 

半分にカット

 

カット失敗。

表面はパリパリで中のヌガーがネットリして、切りにくいことこの上なし。

 

イチゴの甘酸っぱい香りが漂います。

 

スポンサーリンク

いただきます

一口

 

う~ん、甘い。

 

外はパリパリ、内側はさっくりのマカロン生地。

中身のヌガーはキャラメルのような粘りのある食感です。

濃厚なジャムを感じさせる味で強めの酸味もあります。

 

ラズベリーヌガー

 

ヌガーに入っているドライ苺はプリっとした果肉感が残っています。

コッテリとした甘さだけでなく、凝縮したような酸味もあって濃厚です。

 

細かく砕いたマカダミアナッツも入っています。

ベリー風味に覆われて味はわかりにくいですが、コリコリとした歯ざわりがいいアクセントになっています。

パリッとしてさっくり。ネットリしてコリコリ。

小さなボディにいろいろ詰まっていますね。

 

マカロン断面

 

パリさく生地にネットリのヌガー。

食べ慣れない食感でしたが美味しいです。

 

サイズは大きくありませんが、かなり甘いので満足感はそこそこあります。

そもそもマカロンは何個も食べるようなお菓子ではないですね。

ごちそうさまでした。

 

総評

パッケージイラスト

 

あまりマカロンをウマイと感じたことがありませんでしたが、これは結構美味しいです。

濃厚なイチゴの甘さは胸焼けしそうですが、食べ終わってみるとそんなにくどくありませんでした。

生地には厚みがあってさっくりとした歯ざわりの良さを楽しめます。

 

2

マカロン あまおう&宇治抹茶(ローソン)を食べてみた

 

槍玉に挙げて申し訳ないですが、以前食べたローソンのマカロンと比べると差は歴然です。

断然こっち(台湾式)のほうがいいですね。

 

ただ、この丸いの1個が120円だと思うとやっぱり高く感じます。

 

食品表示1

食品表示2

 

気になるカロリーは153kcal

お値段は223円(税込240円)

 

スポンサーリンク