キャラクターぽち袋を手作りする方法!スマホだけで作れるよ

手作りぽち袋作り方 完成品

どこにも売っていないキャラクターのお年玉袋が欲しい。

我が家のニャンコの顔でぽち袋を作りたい。

 

そんなアナタのために自作キャラクターぽち袋の作り方を図解入りで説明します。

ざっくり説明すると袋を印刷して切ってのりづけするだけ。

コンビニのコピー機を使うので家にプリンターが無くても大丈夫です。

スマホがあれば簡単にできますよ。

子供が喜ぶオンリーワンのお年玉袋を作っちゃいましょう。

スポンサーリンク

ぽち袋作成に必要なもの

  • スマホ(iPhone)
  • 近所にコンビニ(セブンイレブン)
  • アプリ(セブン-イレブン マルチコピー)
  • 印刷代50円(ぽち袋2つぶん)
  • カッター
  • スティックのり
  • 定規
  • ダンボール(切る時の下敷き)

 

スマホの機種は何でもいいですが、ここではiPhoneのやり方で説明します。

コピー機はセブンイレブンの物を使わせてもらいます。

スマホからコピー機にぽち袋のデータを送るためにアプリを使います。

スマホに以下のアプリを入れておいてください。(※無料です)

 

セブン−イレブン マルチコピー

セブン−イレブン マルチコピー
開発元:Fuji Xerox Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

セブンイレブン以外のコンビニだと使用するアプリが違うのでご注意ください。

 

 

キャラクターぽち袋の作り方

 

キャラクター画像の入手

まず作りたいキャラクターの画像をスマホに保存しておきます。

ダウンロードした画像でも自分で撮った写真でもOK。

この猫イラストはフリー素材サイト「イラストAC」さんからお借りしました。

この猫ちゃんでぽち袋を作ります。

 

ダウンロードする画像の著作権には十分注意してください。

作ったぽち袋を売ったりしちゃダメ。

大量に作って配るのもやめたほうがいいです。

 

ぽち袋テンプレートを作る

画像をはめ込むことができるテンプレート(展開図)を作成します。

ネット上には無料で使えるテンプレートを提供してくれるサイトがたくさんあります。

今回はこちらの「ぽち袋メーカー」さんを使わせてもらいます。

 

ポチ袋メーカー Free Printable Money Packets
オリジナルポチ袋を作ろう!

 

 

手作りぽち袋作り方2

ぽち袋メーカーにアクセスします。

基本テンプレートは2種類あります。

作りたい袋を選んで「つくる」をタップします。

 

 

手作りぽち袋作り方3

「ファイルを選択」をタップします。

 

 

手作りぽち袋作り方4

フォトライブラリーを選択します。

 

 

手作りぽち袋作り方5

使いたい写真を選びます。

 

 

手作りぽち袋作り方6

「次へ」をタップします。

 

 

手作りぽち袋作り方7

ぽち袋に使う部分の画像を切り抜きます。(明るい部分が使われる)

この操作がスマホだとちょっと難しいです。

指1本で小窓のサイズを調整。

指2本で元画像のサイズを調整できます。

 

絵がない部分(ブロック部分)が小窓に入っているとうまく切り抜けません。

先に小窓を小さめに作って元画像を縮めて入れるようにするとやりやすいです。

うまくはまったら「切り抜く」をタップ。

 

 

手作りぽち袋作り方8

絵を確認して「ぽち袋と合成する」をタップします。

 

 

手作りぽち袋作り方9

ぽち袋のテンプレートタイプを選びます。

お年玉用が複数カラー、無地や心付け用など全8種類あります。

テンプレートの出来上がりは上の方の画面で確認できます。

選んだら「このポチ袋のPDF作成」をタップ。

 

 

手作りぽち袋作り方10

最終確認の画面が出ます。

確認したら「ダウンロード」をタップします。

 

 

ぽち袋テンプレートをアプリにセットする

手作りぽち袋作り方11

ダウンロードを押すとこの画面になります。

下メニューの「上矢印の四角」をタップします。

 

この画面(Safari)はひとまず閉じないで放置しておきます。

このあと何か失敗してもう一度データが欲しくなったときに、ここからアプリに再入力できます。

ぽち袋が完成してデータが不要になったらこの画面は閉じてOKです。

 

 

手作りぽち袋作り方12

右に流して「マルチコピーにコピー」をタップします。

 

 

手作りぽち袋作り方13

メニューから「普通紙プリント」を選びます。

 

 

さきほどのPDFが一覧に追加されます。

右下の「+」をタップすれば別の絵も追加できます。

もう一つの水玉テンプレートでもPDFを作ってみました。

 

とりあえずここで一段落なのでアプリを閉じていいです。

次はセブンイレブンに行きましょう。

 

 

セブンイレブンマルチコピー機の操作方法

手作りぽち袋作り方15

マルチコピー機のメニューから「プリント」を選びます。

 

 

手作りぽち袋作り方16

メニューから「普通紙プリント」を選びます。

続いて出る普通紙プリント使用同意に「同意する」を押して進みます。

 

 

手作りぽち袋作り方17

右上の「無線通信Wi-Fi」を選びます。

 

 

手作りぽち袋作り方18

使う端末を選びます。

今回はiPhoneで。

 

 

ここからスマホの操作です。

アプリから「普通紙プリント」を選ぶと先ほどのこの画面になります。

右上の「送信」を押しますが、このままだとたぶんWi-Fiがうまくつながらないと思います。

 

 

手作りぽち袋作り方19

Wi-Fiがつながらないと設定画面で直すようにうながされます。

Wi-Fiをオンにして「711_MultiCopy」を選びます。

これでコピー機に送信できます。

 

 

手作りぽち袋作り方14

あらためて右上の「送信」をタップするとPDFがコピー機に送られます。

 

コピー機に送信されたPDFデータはアプリ内には残りません。

アプリの設定をいじれば残るようにも変更できます。

ただ先ほどのSafariから再ダウンロードできるので、普通は消えちゃっていいと思います。

 

 

手作りぽち袋作り方20

再びコピー機の操作です。

送信が完了したら「次へ進む」をタッチ。

 

 

手作りぽち袋作り方21

プリントの種類は「ふつうのプリント」を選びます。

 

 

手作りぽち袋作り方22

印刷したいPDFを一つ選びます。

プレビューで確認したら次へをタッチ。

 

 

手作りぽち袋作り方23

プリントする枚数を決定します。

枚数を指定したら次へ進むをタッチ。

 

 

手作りぽち袋作り方24

ここで色・サイズ・枠を決めます。

色はフルカラーを。

用紙サイズはA4だと三つ折りの札がちょうど入る普通のぽち袋。B4だと余裕がある大きめぽち袋になります。

お年玉袋ならA4がいいでしょう。

ちょっと小さめは「する」にしたほうがいいです。

 

 

手作りぽち袋作り方25

印刷する部数を指定してお金を入れます。

「プリントスタート」をタッチすれば印刷されます。

 

 

手作りぽち袋作り方26

同じ操作でもう一枚も印刷しました。

すべてプリントしたら右上の「終了」をタッチします。

※これを押さないとコピー機にPDFデータが残っちゃうので忘れずに。

 

これでコンビニでの作業は終わりです。

スマホやプリントした紙を置き忘れないようにしてください。

 

 

印刷したぽち袋をカットのりづけ

手作りぽち袋作り方27

左はB4サイズ、水玉のほうがA4です。

これを切っていきます。

 

 

手作りぽち袋作り方28

カッターとスティックのり、定規を用意します。

のりは封筒用のスティックのりがベスト。

傷防止の下敷きとしてダンボールがあると便利です。

 

 

手作りぽち袋作り方29

直線部分は簡単に切れます。

難しいのは一直線になってない内角の部分です。

ただここは目立たないのでラフにカットしても大丈夫です。

 

 

手作りぽち袋作り方30

こんな感じです。

角にカッターの刃先を当てて外に向かって切るとやりやすいです。

 

 

手作りぽち袋作り方31

切ったぽち袋を左・右・下の順番で折り込んでいきます。

はじめは柔らかく折って位置が決まったらピシッと折り目をつけます。

 

 

手作りぽち袋作り方32

重なっている部分1センチくらいにのりをつけて接着します。

のりは超薄塗りで大丈夫です。

 

 

手作りぽち袋作り方33

完成するとこんな感じです。

 

 

手作りぽち袋作り方34

水玉バージョンがこれ。

 

 

手作りぽち袋作り方35

三つ折りの千円札でサイズ比較。

やっぱり小さい方がぽち袋らしさはありますね。

B4(左)もちょっと大きいけど悪くないです。

札を何枚か入れるならありかも。

 

まとめ

説明するとややこしそうですが一つ一つの作業は簡単です。

紙を切るところまで入れると作業にかかるのは合計1時間くらい。

ちょっと手間ですが好きなキャラでオリジナルのぽち袋が作れます。

ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク
その他
このブログをフォローする
スポンサーリンク
コンビニとファミレスのスイーツのおすすめを紹介するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました