今回はミニストップのアップルマンゴーパフェをいただきます。

 

2018年版のマンゴーパフェが4月13日に発売されました。

毎年必ず販売される人気のスイーツです。

他のマンゴースイーツをあざ笑うくらい果肉がゴロンゴロン入っているんですよね。

今年もさっそく食べてみました。

---スポンサーリンク---

アップルマンゴーパフェ価格・カロリー

★アップルマンゴーパフェ

価格:350円

カロリー:172kcal

 

値段は350円で去年と変わらず。

カロリーは172でパフェの中ではイチゴパフェに並ぶ低い数字です。

糖質が低いわけではないのでダイエットスイーツとまでは言えませんが、重たいスイーツを避けたい人にはうれしい数値ですよね。

 

アップルマンゴーパフェの販売期間はいつまで?

アップルマンゴーパフェの販売期間ははっきりと決まっていません。

ただ、毎年発売されるパフェなので予想は立てやすいです。

 

ミニストップの季節スイーツは3ヶ月で入れ替わることが多いですが、マンゴーパフェは毎年かなり長寿です。

なので、8月末まではお店にあると思います。

去年は秋口まで残ってたんじゃないかな。

夏の間はマンゴーを楽しめますよ。

 

アップルマンゴーパフェを持ち帰り

こちらが「アップルマンゴーパフェ」のテイクアウトです。

フタを付けてくれるので普通に持ち帰ることができます。

ただ保冷剤はないので溶け注意です。

 

 

マンゴーにバニラとソースをかけたシンプルなパフェです。

しかし、切り身(?)がデカい。

 

 

中にもマンゴーがフルに詰まっています。

ヘンテコな具材でごまかさないのが素晴らしい。

 

 

う~ん、美味しい。

キューブ型の大きな果肉はねっとりクリームのような食感です。

軽い酸味と南国っぽい香り、濃厚な甘さがあります。

繊維質がほどけていく感覚がイイ。

ひんやりとして中心が少し凍っているのもまたイイ。

 

 

マンゴーソースはちょっぴり酸味のある濃厚な甘さです。

ミルク感あるバニラとの相性が良すぎますな。

この組み合わせだけで単独販売できそう。

 

 

中からマンゴーがざくざく出てきます。

合計で10切れありました。

そして全部デカいです。

 

パフェに使われている果肉はタイ産のマハチャノックです。

マンゴーにはコテコテに甘いのと酸味がある物がありますが、マハチャノックは酸味タイプ。

果肉をいっぱい食べるならこっちの方が美味しいと思います。

 

まとめ

美味しいです。

カロリーから考えると満足度の高さは群を抜いています。

フローズンのシャキッと冷たい感触は暑い季節にぴったりです。

 

しいて欠点をあげるとすればバニラの量ですかね。

後半はバニラ不足を感じました。

マンゴーの味をシンプルに堪能できますが、バニラと溶け合う味ももうちょっと欲しくなります。

---スポンサーリンク---