ミニストップのバスク風チーズケーキを食べてみた

 

今回はミニストップのバスク風チーズケーキをいただきます。

 

10月22日に発売された商品です。

今年になってコンビニから立て続けに発売されているバスクチーズケーキ。

ついにミニストップでも販売がはじまりました。

なにしろ元祖のバスクチーズケーキが好きなので、コンビニのもつい買っちゃうんですよね。

というわけでさっそくミニストップバスクをレビューです。

スポンサーリンク

バスク風チーズケーキ感想

バスク風チーズケーキ

こちらが「バスク風チーズケーキ」です。

価格は税込226円

大げさなケースに入っていてどことなく高級感があります。

 

 

バスク風チーズケーキ

中身はこんな感じ。

直径6センチの厚さが2センチで決して大きくはありません。

けど、手に持つとカッチリとした硬さでずっしり重い。

ミニサイズでも存在感は抜群です。

 

 

バスク風チーズケーキ断面

濃いなあ。

セブンイレブンのバスクチーズケーキも極濃でしたがコイツもそれに匹敵します。

みっちりとチーズが詰まっています。

これだけ濃いのにさらっと口どけがいいのも一緒。

 

濃いといっても風味は軽くて甘さも控えてあります。

ベイクドとレアチーズの中間くらいのチーズ風味。

クセは少なく食べやすい部類だと思います。

ケーキの外側が硬めで中心がクリーミーというバスクならではの食感もしっかり再現されています。

 

 

バスク風チーズケーキのカラメルアップ

トッピングにカラメルを使っているのはローソンと同じ。

ほろ苦さ重視で甘さがほとんどないのも共通しています。

 

ちょっと違うのがカラメルがゼリー状に固めてあること。

味はそんなに変わらないけど、この方が元祖バスクチーズケーキに近いビジュアルになりますね。

 

バスクチーズケーキ

元祖バスクチーズケーキはこんな感じ。

この焦げ目をなんとか再現しようとする工夫が伝わってきます。

 

 

バスク風チーズケーキ原材料名・カロリー

バスク風チーズケーキ原材料名

価格:210円(税込226円)

カロリー:291kcal

 

 

まとめ

このケーキも美味しいです。

このサイズでも十分チーズ好きを満足させられる濃厚さ。

 

コンビニから出ているバスクチーズケーキはどれもよくできていて甲乙つけがたいです。

どれが一番美味しいかはさておき、元祖のバスクチーズケーキに近いのはこのミニストップのケーキだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました