今回はミニストップのハロハロ宇治抹茶あずきをいただきます。

 

まだ肌寒い4月20日に発売された2018ハロハロ第一陣のひとつです。

定番の宇治抹茶ですがハロハロで登場するのは2014年以来4年ぶり。

まあ、一部地域限定で販売されたりはしていたんですけどね。

というわけで久しぶりの抹茶ハロハロをレビューしたいと思います。

---スポンサーリンク---

ハロハロ宇治抹茶あずき価格・カロリー

■ハロハロ宇治抹茶あずき

価格:290円(税込)

カロリー:324kcal

 

値段はハロハロの標準価格。

団子入りなのでカロリーは高めです。

 

宇治抹茶あずきの販売期間はいつまで?

 

ハロハロ宇治抹茶あずきの販売期間ははっきり決まっていません。

ただ例年のハロハロからすると、7月いっぱいはあるけど8月末にはなくなっているのでは、と予想します。

 

ハロハロにはすぐ無くなる物とそこそこ長生きな物、夏の終わりまで販売されるものがあります。

抹茶は主力なので早期終了は考えにくく、かと言って最後まで残るとも思えません。

だいたい夏の終わりまで売っているのは後期に発売されたハロハロとラムネなんですよね。

たぶん夏休み前半くらいに無くなっちゃうと思います。(去年のみたらしハロハロがそんな感じだった)

 

ハロハロ宇治抹茶あずきを持ち帰り

ハロハロ宇治抹茶あずき持ち帰り

こちらが「ハロハロ宇治抹茶あずき」のテイクアウトです。

フタをつけてくれるので持ち帰りは簡単です。

暑いとガンガン溶けますけどね。

 

 

ハロハロ宇治抹茶あずき側面

横から見るとあんこと抹茶で完全な宇治金時です。

 

 

ハロハロ宇治抹茶あずき

まず目を引くのがソフトクリームに降り掛かったきな粉です。

ミルキーなバニラに香ばしい和テイストを加えてくれてオツな味。

キメが細かいせいか粉っぽさは全然ありません。

 

 

あんこは意外に甘め。

小豆のつぶがしっかり残ってプリプリしています。

さり気なく見逃せないのがあんこ周りに大きめの氷粒が散らされているところ。

この氷がガリガリ冷たい食感をプラス。

プリプリガリガリとバラエティに富んだ歯ごたえが楽しめます。

 

 

抹茶団子

見たまんま宇治抹茶を練り込んだ団子です。

弾力のあるもちもち団子で美味しい。

抹茶の甘さとほのかな渋味があります。

 

 

抹茶かき氷

抹茶シロップがかかったかき氷。

思いっきりグリーンティーの味ですね…。

甘さはかなり控えめのさっぱり味。

上のあんこや団子が甘いのでバランス的にはちょうどいいです。

 

氷はふぞろいの粒が残っていてクールなのどごしを味わえます。

ふわふわかき氷もいいけど、炎天下には流氷みたいなハロハロの固さも捨てがたいですよね。

---スポンサーリンク---