どら焼きの疑問あれこれ

どら焼き、美味しいですよね。

スタンダードなあんこ入りのものだけでなく、栗やフルーツの入っているもの。抹茶クリームも人気がありますし、最近ではチョコレート味のどら焼きも珍しくありません。

スーパーやコンビニでも買える身近な和菓子です。

 

何気なく食べているどら焼きですが、意外にあやふやなままにされている疑問や、プチ情報などをまとめてみました。

---スポンサーリンク---

どら焼きという名前の由来・生どら焼きとの違い

どら焼きはその形が銅鑼(ボーンと鳴ならす丸い金属の打楽器)に似ていることから名づけられたと言われています。

なので、漢字で表記すると「銅鑼焼き」になります。

確かに銅鑼っぽい形をしていますから説得力がありますね。

 

では、生どら焼きとは何か。

ずばり、生クリームの入ったどら焼きです。

 

え? それだけ。と思うかもしれませんがそれだけです。

私も調べる前には、生地を柔らかく仕上げるために何か違う材料が使われているんじゃないか。だから賞味期限が短いのでは。

などと考えていましたが、クリーム入り以外の定義は無いようです。

 

小倉クリームも抹茶クリームもチョコクリームもみんな生どら焼き。

「生」とつけると美味しそうなので、クリーム関係なくても生どら焼きにしてしまうメーカーもあるとか。

結構アバウトですね。

 

様々な味が生まれ商品展開もしやすく、お菓子メーカーもどんどん新商品を販売。

今ではコンビニにも数多く置かれる人気の和スイーツですね。

 

どら焼き1

ちなみに生どら焼きの発祥は宮城県のカトーマロニエというお店。

「生どら」として1987年2月25日に誕生したそうです。

昭和62年なので30年ほどの歴史があることになります。

漫画版のドラえもん後期の時代ですね。

作中に登場したどら焼きの中に生どらはあったんでしょうか。

 

現在も「元祖生どら」という商品名で販売されています。

 

カトーマロニエのページへ

どら焼きの日?その由来は?

どら焼きの日があるのをご存じですか。

4月4だそうです。

 

4と4を合わせたしあわせの日にみんながどら焼きを食べて幸せになってほしい。

そんな思いで鳥取県米子市の丸京製菓によって申請。

2008年に日本記念日協会に認定されました。

 

4月4日は桃の節句(3月3日)と端午の節句(5月5日)の超メジャーゾロ目記念日に挟まれています。

男の子にも女の子にも愛される、どら焼きの2つのカステラに挟まれたあんこを表しているとか。

 

ちょっと強引な気もしますが、覚えやすい日付なのはいいですね。

---スポンサーリンク---

三笠? 三笠山?

三笠山

画像出典

http://www.bunmeido.co.jp/products/mikasayama/

 

この写真の和菓子は三笠山という商品です。

カステラで有名な文明堂から販売されています。

どら焼きにそっくりなこのお菓子は何なのでしょう。

 

中には「三笠山」という呼び名に違和感を覚えない方もいると思います。

そう感じた方は関西方面にお住いじゃないでしょうか。

関西ではどら焼きのことを三笠三笠焼き、などと呼ぶことが多いようです。

その由来は奈良県にある三笠山に似ているから。

 

言われてみれば山っぽく見えなくもないですね。

銅鑼に例えるよりも風流な感じがします。

 

ちなみに「三笠山」は文明堂が登録商標しているブランドです。

文明堂は全国に店舗がありますし、関西以外の地域でもおみやげなどで頂く機会も多そうです。

まとめ

  • 生どら焼きは生クリームの入ったどら焼き。
  • どら焼きの日は4月4日。どら焼きのメーカーが申請。
  • 三笠は関西でのどら焼きの別名。

 

何気なく食べているどら焼きにも知らないことが結構ありました。

最近のコンビニどら焼きはふんわり厚いものが主流なので、銅鑼よりも三笠山の形に近いのかもしれませんね。

---スポンサーリンク---