今回はセブンイレブンのバナナのチョコかまくらをいただきます。

 

4月19日に発売されたセブンイレブンのかまくらシリーズの新作です。

この人気シリーズはその「かまくら」の名の通り雪のような真っ白いものばかりでしたが、この新商品はチョコーレート色に染まっています。

今までのふんわりミルキーなケーキとどう違うのか、楽しみです。

---スポンサーリンク---

バナナのチョコかまくら

バナナのチョコかまくら ケース入り

色以外は今までのミニかまくらと同様の外見に見えます。

バナナのチョコかまくらの横に念を押すような「バナナ」の文字。

わかったから。

 

バナナのチョコかまくら

パカっとオープン。

チョコの匂いがふわり。香ばしさも感じます。

上にトッピングされたアーモンドの香りでしょう。

 

バナナのチョコかまくら

皿に移動させました。

大きさは直径5センチ高さが6センチくらい。

 

半分にカット

半分にカット。

かまくら特有の柔らかさでなんの手応えもありません。

 

断面

中はこのようになっています。

中央のチョコムースに埋もれているのがバナナ。

スポンジ部分は少なくほとんどムースかクリームです。

クリームの断面に気泡が見えるのはいいですね。

期待できそうです。

---スポンサーリンク---

いただきます

チョコクリーム

まずはメインのチョコクリームから味見。

ねっとりとしたクリームが舌の上ですうっと消えていきます。

今までのかまくらのクリームと同じで口どけはいいですね。

甘さは控えめでチョコの風味を感じるビターな味付けになっています。

 

アーモンド

トッピングのアーモンドはローストしてあるような香ばしさです。

砂糖で味付けしてあって甘く、カリカリとした歯ごたえ。

ふんわりケーキのいいアクセントになります。

 

ココアスポンジ

ココアスポンジはしっとりで柔らかいです。

抑えた甘さでちょっとビターな味になっています。

スポンジ自体は薄めです。

 

バナナ

ムースの中のバナナです。

優しい甘さがチョコ味とよくマッチしています。

ムースはとろっとした食感で当然チョコ味。

正直なところ、クリームとムースの味が似すぎていてよくわかりませんでした。

うまいことケーキが一体化している、とも言えますね。

 

一口

ケーキの層の間に忍んでいるチョコソースがビターな風味をさらに後押ししています。

上から下までチョコレート味一色ですが、くどくはありません。

クリームだらけのケーキなのに、口当たりがよく重さも感じさせないのはさすがです。

 

ちょっと苦味の残るビターなケーキでした。

満足感は十分です。

ごちそうさまでした。

総評

とても美味しいです。

さすがにセブンイレブンのスイーツコーナーで王座に鎮座している「かまくら」の新作ですね。(違うかな)

 

今までのかまくらが白くミルク感を重視していたとすると、この新しいかまくらはチョコの甘苦さを基調にしているようです。

ケーキ全体の口どけの良さや柔らかさは相変わらず。

どちらかが優れているってことではないですね。

 

好みやその日の気分次第でチョコのケーキかショートケーキ(のようなかまくら)かを選べればいいんですけど。

時期によってあったりなかったりするのが残念です。(いまはチョコのみの販売のようです)

食品表示

食品表示

気になるカロリーは367kcal(後味からすると高い)

お値段は278円(税込300円)

---スポンサーリンク---