今回は治一郎のバウムクーヘンをいただきます。

 

治一郎といえばラスクやプリンで有名な洋菓子メーカーです。

中でもバウムクーヘンは、贈答用やお取り寄せでも大人気の主力商品。

たまたま差し入れで頂いたので、せっかくですからレビューしたいと思います。

---スポンサーリンク---

治一郎のバウムクーヘンカット

こちらが「治一郎のバウムクーヘンカット」です。

縦横8.5センチ四方の厚さが2センチくらいと小さめのサイズ。

治一郎のバウムクーヘンは高さが8センチもある円形の巨大バウムが有名ですが、こんな風に小分けにカットされた商品もあるんですね。

 

価格は税込243です。

大きさからすると割高な気もしますが、そんな無茶な値段でもありません。

 

 

袋を開けると卵の香りがふわりと漂います。

なんでしょう?このバウムクーヘンとは思えないしずる感は。

 

食べやすいサイズが4カット入っています。

一切れでふた口ぶんくらいはありそうです。

ちゃんと串がついているのは嬉しいですね。

 

いただきます

う~ん、さすがに美味しい。

しっとり度がハンパじゃありません。

 

最近のバウムクーヘンはみんな出来がいいのでパサパサなものは少ないですが、ちょっとレベルが違いますね。

食べる直前に溶かしバターに付けたような、じゅんわりとした食感です。

 

通常のバウムクーヘンを食べると重なった層が剥がれていく感覚がありますが、このバウムにはそれがほとんどありません。

層のないスポンジケーキを口にしているみたいです。

バウムクーヘンらしからぬ食感ですが、口当たりが良くて相当ウマいです。

 

 

全体的にバウムクーヘンの甘さは抑えめです。

横にはシュガーコーティングがありますが、これも薄めでちょっと甘い程度。

ただ、卵の香りやバターの濃厚な風味があるので物足りなさはありません。

 

 

4切れだと少ないかなと思いましたが、味が濃厚なのでお茶請けくらいなら一袋で十分です。

ごちそうさまでした。

 

総評

決めの細かいなめらかな舌触りの美味しいバウムです。

どんな技術かわかりませんが、不思議なくらいしっとり感をキープしています。

バウムクーヘンには珍しいケーキのような濃い風味もいいですね。

 

このバウムクーヘン、頂いたときには2週間ちょっと賞味期限がありました。

食べやすい形・日持ちの良さ・食べた時のインパクトを考えると、手土産にめちゃめちゃ良さそうです。

 

ただ残念ながら、通販で購入できるのは大きなバウムクーヘンのみなんですよね。

冶一郎公式のオンラインショップにも売っていないので、カットタイプのバウムは直接お店で買うしか無いみたいです。

 

食品表示

価格:税込243円

カロリー:不明

 

カロリーの記載はパッケージにも公式ページにもありませんでした。

ネット上では「治一郎のバウムは普通のよりカロリー低い」なんて情報がありますがそれはないと思います。

これだけバターきかせてしっとりさせてればメチャ高いですよ、カロリーは。

---スポンサーリンク---