クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー(セブンイレブン)を食べてみた

今回はセブンイレブンの「クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー」をいただきます。

 

5月24日に発売された新しい珈琲ゼリーです。

セブンカフェのものと同じコーヒー豆を使用している本格派のゼリー。

以前食べた「香り立つたっぷり珈琲ゼリー」が美味しかったので購入してみました。

スポンサーリンク

クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー

クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー

 

「クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー」です。

 

ダブル焙煎とは、一度では焙煎しにくい若いコーヒー豆を間を開けて二度焙煎することのようです。

コーヒーに詳しくないんで知りませんでした。

なんとなく二回焙煎すると苦味が強くなりそうですが実際は逆。

比較的マイルドな味に仕上がるそうです。

 

このゼリーはどうなんでしょう。

 

側面

 

横から見るとこんな感じです。

前作「香り立つたっぷり珈琲ゼリー」はホイップやムースが乗った賑やかな作りでしたが、こちらはいたってシンプル。

ゼリーの上にクリームソースが垂らされているだけです。

 

クリームソースで食べるダブル焙煎珈琲ゼリー 

 

パカっとオープン。

ん~、とりあえずミルクの香りしかしませんね。

クリームがカップについているのは柔らかすぎるため。

雑に持って帰ったわけではなく、売り場に並んでいる時点でこうなっていました。

 

 

一口

 

お、なかなか美味しいです。

珈琲ゼリーのぷるんとした食感。

甘いミルクの中からビターなコーヒーの味が顔を出します。

 

クリームソース

 

クリームソースはゆるゆるの柔らかさ。

ふんわりとかいうレベルではなくほぼ液体です。

味は結構甘めですね。

コクはそんなになく牛乳っぽい風味。

いかにもコーヒーに入れるミルクのようなクリームです。

 

珈琲ゼリー

 

珈琲ゼリーはビターな本格派でつるりとなめらかな舌触り。

ただ前作「香り立つたっぷり珈琲ゼリー」と比べると苦さはかなり弱くなっています。

ダブル焙煎の効果かどうかはわかりませんが、マイルドで食べやすくなっています。

 

ブラックじゃなくちょっとだけ砂糖も入っているような……。

と言っても甘ったるいゼリーではありません。

コーヒーのビターな風味は十分味わえます。

 

ゼリー断面

 

クリームに粘りがないのでサラーっと下に流れていってしまいますね。

ただ、ゼリーがそんなに苦いわけではないのでクリームはうっすら付いていれば美味しくいただけます。

 

ボリュームもこのくらいあれば十分じゃないでしょうか。

ごちそうさまでした。

 

総評

同じセブンカフェのコーヒー豆を使っている前作のゼリーとどうしても比べてしまいますね。

 

まず、珈琲ゼリーの苦味が抑えられて格段に食べやすくなっています。

こちらのほうが万人受けしやすい味ですね。

ゼリーだけでも食べられます。(前作は厳しい)

 

あと、シンプルな作りのせいか値段も20円安くなっています。(200円と180円)

 

でも、平凡な珈琲ゼリーに近づいたとも言えますね。

個人的には、前の目の覚めるような苦いゼリーのほうが気に入っています。

1

香り立つたっぷり珈琲ゼリー

逆に前作のゼリーが苦すぎだと感じた方には、このダブル焙煎のゼリーは甘すぎず苦すぎずほどよい味だと思います。

 

食品表示

気になるカロリーは152kcal

お値段は167円(税込180円)

 

スポンサーリンク
セブンイレブン
このブログをフォローする
スポンサーリンク
コンビニとファミレスのスイーツのおすすめを紹介するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました