なると金時の洋風芋ようかん(セブンイレブン)を食べてみた

 

今回はセブンイレブンのなると金時の洋風芋ようかんをいただきます。

9月24日に発売された商品です。

 

なると金時は徳島産のブランドさつまいも。

さつまいもだとどうしても安納芋がもてはやされますが、食感がとろりとしすぎているのが好みの分かれるところです。

なると金時は芋らしいホクホク食感があるんですよね。

それでいて普通の芋より甘いし。

で、そんななると金時の芋ようかんが発売されたので食べてみました。

スポンサーリンク

なると金時の洋風芋ようかん感想

なると金時の洋風芋ようかん

こちらが「なると金時の洋風芋ようかん」です。

価格は税込170円

 

 

なると金時の洋風芋ようかん

縦9センチ幅3.5センチ、厚さは1.5センチといったところ。

大きくはないけどこってり感を考えるとほどよいサイズです。

ポツポツ見えているのは芋の皮かな?

 

 

なると金時の洋風芋ようかん断面

食感はしっとりでちょっとだけホクホク感あり。

ようかんなので口当たりはなめらかで均一です。

甘さはしっかりあってバター(生クリーム?)風味も強め。

ようかんというより味はスイートポテトですね。

 

 

なると金時の洋風芋ようかんレンジ加熱後

パッケージで温めをオススメしているのでレンジでチン。

やりすぎてドロドロになってしまいました。

10秒ずつ刻んで加熱したほうがいいです。

 

温めた芋はバター風味も甘さもアップ。

ほっこり濃厚なさつまいも味が楽しめます。

ただ、芋のホクホク食感は消えちゃいますね。

柔らかすぎて栗きんとんの周りだけ食べている感じです。

半分冷たく半分を加熱して食べるといいかも。

 

 

なると金時の洋風芋ようかんカロリー

なると金時の洋風芋ようかん原材料名

価格:158円(税込170円)

カロリー:104kcal

 

まとめ

シンプルですがなかなか美味しい。

名前の通りかなり洋風に味付けされた芋ようかんです。

スイートポテトと芋ようかんの中間くらい。

なると金時らしい食感が残っているのがGood。

満足感の割にカロリー低めなのもイイ。

秋のおやつにちょうどいいですね。

スポンサーリンク
セブンイレブン
このブログをフォローする
スポンサーリンク
コンビニとファミレスのスイーツのおすすめを紹介するブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました