バテた染み渡る!ハロハロソルティライチを食べてみた(ミニストップ)

 

今回はミニストップのハロハロソルティライチをいただきます。

 

6月21日に発売された商品です。

2019夏のハロハロとしては5番手。

いつもそうですが、ちょっと遅れて発売するハロハロがたいていその年のエースなんですよね。

今年のエースはどんなもんか、さっそく食べてレビューしてみます。

スポンサーリンク

ハロハロソルティライチ価格・カロリー

■ハロハロソルティライチ

価格:270円(税込)

カロリー:236kcal

 

価格は270円でラムネと同じ安めのハロハロ。

ソルティ(塩)タイプは2016年のソルティレモン以来の発売です。

 

ライチは中華料理に出てくるフルーツですよね。

皮がかたくて実が白くて…。

少年時代に食べましたが、あまり甘さがなくて大人向けの果実という記憶しかないです。

子供にとってはイマイチでした。

 

ちなみにライチはキョンシー(中国の幽霊)の弱点。

霊幻道士が振るう木剣はライチの木なのです。

子供の時にハマったキョンシー大百科に書いてありました。

勉強できないのに役に立たないことばかりよく覚えています。

 

 

ハロハロソルティライチ感想

ハロハロソルティライチ 

こちらが「ハロハロソルティライチ」です。

ビールみたいな薄いイエローが夏らしくて良さげです。

 

 

ハロハロソルティライチ断面

バニラの下にはとろり柔らかいゼリー入り。

これがライチ味かな。

杏仁豆腐のような中華テイストの爽やか風味です。

 

ナタデココやハート型ゼリーも別に入っています。

ぷるんと弾力強めで食感の違いが楽しめます。

昔のソルティレモンは弾けるキャンディ入りでしたがこれはパチパチ無しです。

 

 

ソルティライチかき氷

塩ライチのかき氷がウマい。

強すぎず弱すぎない塩加減が絶妙。

エグみのないまろやかな塩気が、ライチの風味を二段階くらい引き立てています。

ザクザク荒めの氷粒に爽やかライチ味が合いすぎる。

 

弱いはずのライチの酸味が塩で際立ってレモンみたいに感じます。

それでいてレモンほど「酸っぱい!」とならないのがイイ。

 

 

ハロハロソルティライチ混ぜこぜ

バニラと混ぜちゃったらライチも塩もわからなくなりそう…。

と思ったけど余裕でわかります。

塩ライムの存在感つよし。

 

それにバニラと混ぜるとまた別の美味しさが生まれます。

塩気と酸味がプラスされたチーズアイス的な味わいといえばいいのかな。

これはこれでウマい。

もう少し早めに混ぜればよかったか…。

 

 

まとめ

ちょっと暑かったせいかめちゃめちゃ美味しく感じました。

今年のハロハロでは一番好き。

体に染み渡るような爽快な味です。

でも、肌寒い日だと全然おいしくないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました