今回はミニストップのフォンダンショコラをいただきます。

 

10月12日に発売された商品です。

2016年まで販売されていた温かスイーツが2年ぶりにこの秋復活。

普通のフォンダンショコラはただの温かいチョコケーキですが、ミニストップはそこにバニラをドッキング。

体を冷やさずひんやりバニラを食べたいわがままジュリエットに応えたミニストップの力作です。

久しぶりに食べてみましたよ。

---スポンサーリンク---

フォンダンショコラ価格・カロリー

■フォンダンショコラ

価格:330円(税込)

カロリー:419kcal

 

価格は2年前と変わらず。

ミニストップスイーツの中ではかなりの高カロリー。

2年前のベリーやココアは380kcal程度でしたがぐんとアップしています。

 

新発売スイーツではおなじみのリツイートキャンペーンも開催中。

10/18(金)までの参加で50円クーポンが5000名に当たります。

 

 

フォンダンショコラ販売期間はいつまで?

フォンダンショコラの販売期間ははっきり決まっていません。

ただ他の季節スイーツよりも早めの終了が予想されます。

というのも過去の販売期間を振り返ると、たいてい2ヶ月たたないうちに終了しちゃっているんですよね。

フォンダンショコラはあんまり一般受けしないのかな?

店内放送でもやたら期間限定を繰り返していたので長く売られることはないでしょう。

 

ただ今までは真冬に発売していたのが今年は秋口から販売がスタートしています。

フォンダンショコラはあきらかに冬用のスイーツです。

そこを考慮すると例年より少し長め、12月下旬くらいまでは残るかもしれませんね。

 

フォンダンショコラ

フォンダンショコラ

こちらが「フォンダンショコラ」です。

2016年にはよくテイクアウトしてましたが、これはどう考えてもすぐ食べたほうがウマいはず。

というわけで本日は店内で。

ちなみにコイツはカップ一択。

コーンは選べません。

 

 

フォンダンショコラ バニラ

バニラは言うまでもなく安定の美味しさです。

キリッとした甘さにしつこくないミルク感。

ココアパウダーのビターな風味もよく合います。

 

 

フォンダンショコラ断面

バニラの下から硬い壁が出現です。

これは薄手のコーンワッフル。

これがうまいこと断熱材になっています。

スプーンでパリッと割れるので実はそこまで硬くないです。

軽い歯ざわりがいい感じです。

 

 

ガトーショコラ

コーンを破るとほっかほかのガトーショコラが出てきます。

出てきたとき一瞬、湯気が立ち昇りました。(マジで)

このぬくもりとバニラの冷たさを同時に口にできるのがミニストップフォンダンの醍醐味です。

ショコラはすぐ冷めちゃうからやっぱり店内で食べないと温度差をMAXには楽しめませんね。

 

 

ガトーショコラはしっとり柔らか。

甘さはマイルドでちょいほろ苦さもある食べやすいチョコケーキです。

 

ケーキ中心にはとろりと溶けるチョコレートソース。

こっちは濃厚で甘さもバッチリ。

ソース量は少ないけど全体のチョコレート感をぐぐっと底上げしています。

以前のフォンダンショコラよりもカカオ感がはっきり出ている気がしました。

 

まとめ

寒いけどソフトクリーム食べたいんじゃあ。

という気分の日にはぴったりだと思います。

完食しても全然寒くないので。

バニラの出来は言うまでもありませんがガトーショコラそのものもレベル高いです。

温冷が入り混じった不思議な感覚が味わえます。

 

ただベースは完全にショコラ寄り。

感覚的には「チョコケーキのソフトのせ」なのでバニラ味を求めている人には物足りないかもしれません。

---スポンサーリンク---