今回はセブンイレブンの「日本橋榮太樓のあんみつ」をいただきます。

 

2月19日に発売された商品です。

日本橋榮太樓といえば和菓子の老舗。

どら焼き・きんつば・あんみつなどあんこのお菓子がとくに有名です。

ので飴でも知られていますね。

で、この有名店のあんみつがセブンイレブンで販売されています。

暑くなったせいかずらりと並んでいたので購入してみました。

---スポンサーリンク---

日本橋榮太樓のあんみつ

日本橋榮太樓のあんみつ

こちらが「日本橋榮太樓のあんみつ」です。

価格は税込321円

 

よく見るセブンのカップスイーツより一回り大きいです。

そしてむちゃくちゃ重い

 

 

日本橋榮太樓のあんみつ側面

何が重いんだろう?

寒天?保存液?

 

 

あんみつセット

付属はこしあんと黒みつの小袋ふたつ。

あんみつそのものは密封されています。

冷蔵されていましたがこれなら常温でも大丈夫そうです。

賞味期限を確認したら4ヶ月以上先でした。

 

 

あんみつ二重ふた

あんみつは二重フタになっています。

薄いフィルムを剥がすと穴が出現。

その穴から保存液を捨てるペヤング方式です。

 

これいいですね。

液が捨てやすくて手が汚れにくいのもイイ。

こういうタプタプの容器は開ける時にたいてい汁が溢れるので…。

 

 

日本橋榮太樓のあんみつ 

汁を捨てるとこんな感じです。

めっちゃ軽くなりました。

ちなみに汁は缶詰のシロップみたいな甘い液でした。

捨てづらいなあ。

 

 

日本橋榮太樓のあんみつ  

あんこと黒みつをかけてセット完了。

雑だけど見た目にはこだわりません。

 

 

うん、さっぱりして美味しいです。

 

寒天はつるりとして固めの仕上がり。

ゼリーのような弾力はなくホロホロ崩れる食感です。

当たり前のようですが、安いあんみつだと寒天がダメなことはよくあるんですよね。

 

黒みつは黒糖の風味がある上品な甘さです。

ベタつきが少ないスッキリした後味ですね。

赤えんどうはホクホクして特有の酸っぱさがあります。

 

 

こしあんはなめらかで甘さ控えめの上品な味。

トッピングのフルーツはみかん2つ・パイン・白桃・黄桃でした。

桃がでかい。

 

まとめ

美味しいです。

ちょっと高いけど値段ぶんの価値は十分ありました。

特徴はあんこ・黒みつの甘すぎない味と赤えんどうの多さです。

ショボいあんみつ缶だと赤えんどうちょっとしか入っていないですからね。

 

どうやらこれはギフト販売されている榮太郎あんみつの廉価版のようです。

中身はほとんど変わらないけどフルーツを小さくして価格を抑えてあるみたい。

ギフトだと1つ500円以上するんですね。

そう考えるとコンビニで手軽に買えて300円ちょっとで本格的なあんみつを味わえるのはありがたいです。

 

あんみつの豆をもっと食べたいゾ、という人にはおすすめです。

豆いらねー、っていう人はお気に召さないかもしれません。

 

食品表示

価格:税込321円

カロリー:240kcal

---スポンサーリンク---