今回はミニストップの青森りんごソフト~焼きりんご風~をいただきます。

 

1月26日から発売が開始された商品です。

ミニストップソフトの歴史の中でりんご味が出たのは初めてなんだとか。

なんか意外ですね。

2月に入って地元店にも導入されたので早速食べてみました。

---スポンサーリンク---

青森りんごソフト 種類・カロリー

カロリー 税込価格
青森りんごソフト(コーン) 176kcal 220円
青森りんごソフト(カップ) 147kcal 220円
青森りんごソフトミックス(コーン) 181kcal 220円
青森りんごソフトミックス(カップ) 152kcal 220円
アップルパイソフト 217kcal 270円

 

りんごソフトはバニラよりわずかに低カロリー。

カップのカロリーは31kcalなので意外にあるんですよね。

 

季節ソフトでバニラとのミックスがあるのはいつものことですが、りんごソフトには派生メニューでアップルパイソフトがあります。

パイと角切りりんごがトッピングされているので、そのぶん70kcalほど高くなっています。

 

青森りんごソフトの販売期間はいつまで?

 

青森りんごソフトは期間限定ですが、いつまで販売されるかはハッキリ決まっていません。

なので、あくまで予想ですが…。

3月末くらいまで店頭に置かれるんじゃないでしょうか。

 

通常、ミニストップの季節メニューは3ヶ月サイクルで入れ替わります。

りんごソフトも2・3・4月まで販売が続いても不思議はありません。

 

ただ、ミニストップは毎年3~4月に強力な苺ソフトが発売するんですよね。

今年も発売するのはほぼ間違いないないので、りんごソフトはそこまでの販売かと。

で、りんごソフトの販売期間をある程度とるとしても、4月上旬には苺ソフトが登場しそうです。

5月だと春らしさが薄れますからね。

というわけで、りんごソフトは3月いっぱいまでの販売と予想しました。

 

偉そうに能書きをたれましたがもしハズしたらすみません。

---スポンサーリンク---

アップルパイソフトを持ち帰り

で、本題の青森りんごソフトを持ち帰りです。

せっかくなので注目のアップルパイソフトにしてみました。

ちなみにテイクアウトはカップでもコーンでも問題なくできますよ。

今の季節は溶ける心配ないのがいいですな。

 

 

フタを開けるとこれでもかというくらいリンゴの匂いがプンプンします。

リンゴの匂いというよりアップルパイの香りですね。

 

 

りんごソフトはなめらかな舌触りでかなり爽やかな味です。

すっきりとフルーティーな甘さがさらりと口の中でとけます。

シナモン入りのせいか、残り香はたしかに焼きリンゴっぽい風味があります。

 

 

角切りりんごは小さいけど存在感バツグンです。

ソフトクリームよりパワフルな甘さと酸味があります。

シャクシャクとしたリンゴらしい食感もちゃんとありますよ。

 

 

クラッカーのようなパイ生地です。

香ばしくてサクサクしています。

リンゴと一緒に口にすればアップルパイとかデニッシュそのもの。

違うのはひんやりした冷たさくらいです。

 

 

ひょっとしたらパイにするとソフトが少ないかと思いましたがその心配はなさそうです。

カップ底まで満タンに入っているので食べごたえは十分。

たっぷり食べても後味はとてもサッパリしていました。

ごちそうさまでした。

 

まとめ

とても美味しいです。

なぜ今までりんごソフトがなかったんだと思うくらいいい出来です。

 

ソフトだけもいいですが焼きリンゴ感を味わうならアップルパイソフトがおすすめ。

差額50円の価値は十分ありますよ。

シナモンの香りが苦手なら単独ソフトのほうがいいかも。

ミックスにするとさすがにりんご味が弱すぎる気がします。

 

■アップルパイソフト

価格:270円(税込)

カロリー:271kcal

---スポンサーリンク---