おはぎの疑問あれこれ

おはぎ美味しいですよね。

甘いあんこで包まれたものだけでなく、きな粉をまぶしたしっとりおはぎ。香ばしい黒ごまのおはぎも定番ですね。

並んでいるとあれもこれもと2つ3つはつい食べてしまいます。

昔からある和菓子なのでやっぱり基本は手作り。

おばあちゃんの味というイメージが強いです。

 

でも、最近ではスーパーやコンビニで手軽に買えるものでもレベルの高さに驚かされることがあります。

当たり外れも大きいですけどね。

1

つぶあんおはぎ(ローソン)を食べてみた

 

お彼岸の時期にはどこのお店でも力を入れて売り出しています。

 

ところで、なぜお彼岸におはぎを食べるのでしょうか。

毎年なんとなく食べるだけで深く理由を考えたことがありません。

また、同じような和菓子でぼたもちがありますが、おはぎと比べると店頭で見かける数はかなり少ないですね。

そもそも、おはぎとぼたもちの違いって何なんでしょう。

 

いろいろ気になるおはぎの疑問についてまとめてみました。

---スポンサーリンク---

おはぎとぼたもちの違いは

ぼたもち

 

もち米とうるち米を炊いて軽く潰す。それを丸めてあんこなどをまぶしたお菓子。

 

これがおはぎでありぼたもちでもあります。

基本的には同じものですね。

違うのは呼び方だけのようです。

この呼び方の違いには諸説あるようです。

 

  • 粒あんとこしあんで違う
  • 大きさで呼び方が違う
  • 包んでるのがあんこかそれ以外かで違う
  • お米の種類や潰し具合(食感)で区別
  • 春の彼岸と秋の彼岸で区別

 

老舗の和菓子屋さんでもそれぞれ独自のルールで呼び方を決めているようで本当にバラバラ。

ですが、一般的には春の彼岸と秋の彼岸で区別する説が有力なようです。

 

おはぎを漢字にすると「御萩」

ぼたもちを漢字にすると「牡丹餅」

 

どちらもアッサリ変換できました。

春のお彼岸には牡丹の花に見立てたぼたもち

秋のお彼岸にはの花に見立てたおはぎ

どちらも表面の小豆をその季節に咲く花になぞらえています。

 

同じような和菓子でもこのように呼び分けているんですね。

説得力もあり、日本らしい風情のある理由です。

私が漠然と思い込んでいた「ぼたもちって響きがなんだかデカそう」というアホみたいな理由とは雲泥の差があります。

 

とはいえ、今お店で並んでいるものは春でも「ぼたもち」ではなく「おはぎ」と呼ばれて売られる事がほとんどです。

おはぎのほうが上品そうだからでしょうか。

個人的にはぼたもちという呼び方のほうが美味しそうな感じがします。

お彼岸に食べるおはぎ。その理由は

仏様

 

お彼岸に出てくるおはぎにもしかるべき理由があります。

私が子供の頃思っていたような、墓参りのご褒美ではないのです。

 

3月と9月のお彼岸、つまり春分の日と秋分の日(の前後合わせて一週間)。

この時期には昼と夜の長さが同じになり、太陽が東からきれいに真西に沈みます。

この時に夕日にお参りすると真西に向かって拝む形になるので、メチャ縁起がいいんですね。

仏教の世界では西に阿弥陀如来がいる極楽があるとされているからです。(西方浄土とか言いますね)

 

で、西の仏の世界にいるご先祖様を供養するために、お墓参りをしたりおはぎをお供えしたります。

供物がおはぎなのは使われている小豆の赤色に邪気を祓う力があると考えられていたからです。

お祝いごとで赤飯を食べるのも同じ理由ですね。

 

さらに、現代ほど気軽に甘いモノを口にできなかった時代に、高価なごちそうをお供えすることで特別な日であるということを示す意味もあったようです。

う~ん、多少ご褒美っぽい理由でももありましたね。

---スポンサーリンク---

おはぎは冷凍保存できるのか

おはぎイラスト

 

おはぎについての疑問というか悩みがもう一つ。

おはぎの保存方法です。

 

コンビニで売っているような個別包装のものは多少日持ちしますが、パック売りで複数入っているものや手作りでたくさん作った時などが残った時に保存方法に迷います。

常温では心配ですし、冷蔵庫に入れればすぐにもち米が固くなってしまいます。

 

で、おはぎって冷凍しても大丈夫かな?と悩むわけです。

これはズバリ大丈夫です。

考え方は余ったご飯を冷凍するのと一緒で、その方法もほぼ同じ。

 

  • 後の解凍のしやすさを考え1個ずつラップにくるむ。
  • タッパーかジップロックのような密閉できるものに入れる。ビニール袋ならきっちり縛り外気に触れないようにする。
  • 解凍は常温か冷蔵の自然解凍で。冷蔵庫に長く置くと固くなる。
  • 冷凍ごはんと同じで一ヶ月くらいは保つと言われているが、素手で触っている手作りおはぎは傷みやすいので早めに食べたほうが無難。

 

その日に食べたほうが美味しいのは当然ですが、お彼岸や法事に張り切って食べきれないほど大量制作してくれる方がいたりするんですよね。

ありがたく頂いて冷凍しましょう。

まとめ

  • 春のお彼岸に食べるのがぼたもち。秋がおはぎ。
  • 彼岸に食べるのは赤い小豆が縁起物であり、高価な甘味でスペシャル感を出すため。
  • ご飯と同じで冷凍OK。

 

あま~いうま~い、とおはぎを食べるだけでなく、少しは花の呼び名で季節の移ろいを感じたり、ご先祖様への供養の気持ちを持たないとな、と反省しました。ちょっとだけ。

---スポンサーリンク---