濃厚バニラと飲むスイーツが織りなす新感覚

今回はミニストップの「ドロリッチソフトフロート」をいただきます。

 

3月10日に発売された商品です。

グリコのドリンク・スイーツ「ドロリッチ」とミニストップのバニラソフトのコラボ。

2016年に一部の地域で限定発売されて好評だったので、全国発売されました。

単独でも美味しい2つを合体させていかにもカロリー高そうですが、味はどうなんでしょう?

---スポンサーリンク---

ドロリッチソフト・販売期間はいつまで?

 

■ドロリッチソフト・価格とカロリー

価格:290円(税込)

カロリー:232kca

 

バニラ単品のカロリーは156kcal、ドロリッチが101kcalなのでだいたい想像通りの数値です。

少しバニラの量を減らしてあるのかもしれませんね。

価格はバニラが単品で220円、ドロリッチが150円くらい。2つを同時に味わえるドロリッチソフトが290円だとお得感があります。

 

■ドロリッチソフトの販売はいつまで?

 

気になるのはドロリッチソフトの販売期間です。

ミニストップの期間限定スイーツは、いつまで販売されるかはっきり決まっていないことがほとんどです。

基本は三ヶ月間の販売のはずですが、地域や店舗によっても終了時期が大きく異なります。

 

ただ、この「ドロリッチソフト」は他のパフェなどと違って早期終了は無さそうな気がします。

なにしろ材料が定番のバニラソフトとドロリッチですから。

きっちり6月上旬まではお店に置かれるんじゃないでしょうか。

評判が良ければ初夏まで販売が続くかもしれませんね。

 

ドロリッチソフトフロート(カフェゼリー)

こちらが「ドロリッチソフトフロート」です。

フタを付けてテイクアウトにしてもらいました。

こぼれにくいカップだし、このスイーツはソフトクリームが溶けてもさほど気にする必要もないので、持ち帰りしやすい商品ではありますね。

 

ロングスプーンと太いストローの二本付き。

価格は税込290です。

 

見慣れたドロリッチのカップに入っています。

カフェゼリー&クリームってやつですかね。

高さ10センチ直径7センチのカップで、普通のドロリッチ(180g)よりは大きく見えます。

 

カパッとオープン。

おなじみのバニラソフトが盛られています。

注文してすぐ出てきたので、ホントにただドロリッチの上にバニラを乗せただけだと思います。(凝ったパフェだと時間がかかる)

---スポンサーリンク---

いただきます

バニラはさっぱりとした甘さです。

ひんやりクリームからミルク感たっぷりのコクが広がります。

言わずもがなの安定の味。

 

ドロリッチはちょっとビターなクラッシュゼリーです。

コーヒーの苦味がクリームでマイルドにくるまれて食べやすい味になっています。

ドロドロの食感が喉越し良くていいですね。

 

バニラと一緒に食べるとビターな味はほとんど隠れてしまいます。

冷たくてなめらかなソフトクリームに、ぷるんぷるんと細かいゼリー食感が混じって心地いい舌触りです。

 

で、コイツをぐるぐる混ぜてストローで飲んでみます。

 

う~ん、ストローを通すとソフトクリーム感は完全に消えますね。

冷たいドロリッチのクリーム増量バージョンといった感じです。

ウマいけどねー。

 

総評

ソフトクリームを単体よりもあっさり食べ終わってしまいます。

やっぱりバニラの量が80%くらいになっていそうですね。

あれ?もう終わっちゃったの、という感じでサッパリとした後味です。

 

特にストローを使い始めると減りが早い早い。

序盤はスプーンでじっくり味わったほうがいいですよ。

 

ソフトクリームの変化形というよりは、ドロリッチの豪華版と呼んだほうがしっくりきます。

そう考えると、値段はちょっと高く感じてしまいますね。

でも、暑い日にはこのくらいサッパリしたスイーツのほうが美味しそうです。

 

カロリー:232kcal

価格:290円(税込)

---スポンサーリンク---