会員特別価格になってない?ツタヤのTカードをファミマの会員カードへ変更

ファミリーマートでは特定の商品がちょくちょく値引きされます。

パンやおにぎり、デザートなど食品類によくこんな値札がついていますね。

それはありがたいのですが、気になるのがこのファミマTカード会員特別価格です。

普通にTカードを提示するだけだと会員価格にならないんですね。

 

10円20円のことだし面倒なので長年放置していましたが、買い物するたびになんとなく損した気分になるのがどうにもよろしくありません。

で、店員さんに聞いてみたらさほど面倒もなく会員になれました。

これと言ってデメリットも無さそうなので、ファミマTカード会員の作り方を紹介します。

---スポンサーリンク---

ファミマTカード会員とは?

今まで使っていたのがこの小汚いTカード。

10年以上前、TSUTAYAの会員証を更新した時にTポイントが導入されて流れで作りました。

同じようにTSUTAYAのカードのままでTポイントを貯めている方も多いんじゃないでしょうか。

ポイントだけなら問題なく使えますが、このカードだとファミマ会員価格にはなりません。

 

会員価格になるカードは以下の3種類だけです。

 

  • ファミマTカード(ポイントカード)
  • ファミマTカード(Visaデビット付き)
  • ファミマTカード(クレジットカード)

 

Visaデビットは口座から直接引き落とされるキャッシュカード。15才以上でジャパンネットバンクの口座があれば審査無しで申し込みできます。

クレジットカード一体型は18才以上で審査あり

この2枚はポイント倍増の日があったりして優遇されています。

 

まあパンを10円安く買いたいだけなので、今回は普通のポイントカードにしておきます。

このカードは年齢制限も無く簡単に作れます。

 

 ファミマTカード(ポイントカード)の作り方

まず、お店でファミマのTカードをもらいます。

ファミマの会員カード作りたいんですけど、と言えばすぐに出してくれます。

もちろん無料です。

 

次に、受け取ったカードへお客様情報を登録します。

登録は自分で、店内にあるFamiポートかネット上(パソコンかスマホで)から行います。

 

店内にあるこういう端末がFamiポートです。

メニュー右上の方にTカードの項目があるのでタッチ。

もらったカードを機械に通して、氏名・住所・生年月日・性別などを登録します。

作業は簡単ですが、15歳未満は保護者同伴での登録を促されますね。

途中で注意書きが出ます。

 

とりあえずポイントカードだけ手にしておけば、Famiポートを使わなくてもネット上から手続きができます。

店内でごそごそ登録したくない人には便利ですね。

ただし、ネットでの登録には(別のTカードが紐づけされていない)Yahoo!のIDが必要です。

IDがなければ新規で取る必要があり、別カードでIDが使用中ならカード登録変更か別IDを取得しなければいけません。

面倒だったら、やっぱりFamiポートを使いましょう。こちらならYahoo!ID無しで登録可能です。

 

【Yahoo!ID必要】ファミマTカード(ポイントカード)登録ページへ

 

レンタルは?他のカードは?

登録自体は簡単なので問題ないと思いますが、カードを作る前に気になりそうな点をいくつかまとめました。

 

 

TSUTAYAのレンタルにTカード使っているけど、ファミマカードと2枚は持ち歩きたくない。

 

TSUTAYAの店舗で手続きをすればファミマTカードをレンタルカードとして使用できます。

 

 

他のお得なTカードを使っているからファミマのカードに変更したくない。でも値引きはして欲しい。

 

ポイントカードだけ受け取って登録せずに持っておきます。値引き商品を買うときに提示すれば会員価格で購入できます。Tポイントは別カードで貯めれば大丈夫です。

 

 

FamiポートにもYahoo!にも個人情報を入力したくない。

 

カードだけもらっておけば登録しなくても会員価格で買い物はできます。Tポイントも貯めるだけはできますね。登録しないとポイントを使用することはできません。

 

まとめ

もう一度まとめます。

 

■ファミマTカード(ポイントカード)は年齢制限無し。(15歳未満は親の承諾が必要)

■ネット登録はYahoo!IDと紐づけが必須。Famiポート登録ではID不要。

■ツタヤで手続きすればレンタルカードとして使用可能。

■未登録でも値引きは受けられる。ポイント使用だけできない。

 

めちゃめちゃお得ってこともないですが、特にお金がかかるわけでもありません。

ファミリーマートで買い物する機会が多い人は、カードだけ貰っておいても損はないと思います。

---スポンサーリンク---