諸説あるロールケーキの日・ホントはいつなの?

 

ロールケーキの日があるのをご存じですか?

スイーツの記念日はいろいろありますが、その中でもちょっとややこしいのがロールケーキの日。

複数の説があって混乱してしまいます。

そんなロールケーキの日について調べてみました。

---スポンサーリンク---

ロールケーキの日

 

最もポピュラーなロールケーキの日が6月6日

一般的に「ロールケーキの日」といえばこの日のことを指します。洋菓子店で独自のサービスをしているところも多く見られます。

この記念日は福岡県北九州市の「小倉ロールケーキ研究会」が2005年に制定して、日本記念日協会に登録されたものです。

もともとロールケーキの美味しいお店が並ぶ小倉の、町おこしとして決められました。

 

その由来は数字の6がロールケーキを巻いた形に似ているから。

加えて、ロールケーキの「ロ」がろくの「ろ」と重なるという理由もあります。

 

北九州市ではこの「ロールケーキの日」のイベントに力を入れていて、2014年から毎年6月上旬に「ロールケーキフェスタ」が開催されています。

市内から集まった人気店のロールケーキを、カフェ形式で楽しむことが出来るイベントです。

また同時に、その年のテーマに沿った創作ロールケーキコンテストも行われています。

 

秋のロールケーキ

9月9日は「秋のロールケーキの日」とされています。

「秋の」とついているので6月6日の記念日より後に作られたようですね。

スイーツメーカーのモンテールが制定して日本記念日協会に登録されています。

 

その由来は、数字の9がロールケーキを巻いた形に似ているため。

“クルクル”や“キュッキュッ”という語呂合わせという理由もあります。

 

さらにモンテールは毎月6日を手巻きロールの日に制定。(登録済)

手巻きロールというのはモンテールの主力商品のひとつ。

普通のロールの断面が丸なのに対して、手巻きロールシリーズはくるんと6の形になっています。

 

アリンコのいいロールケーキの日

 

11月6日はアリンコのいいロールケーキの日。

アリンコ(ARINCO)というのは、各地の材料を使ってそれぞれ独自の商品を販売しているこだわりのロールケーキ専門店です。

「羽田ロール」や「塩キャラメルロール」など、人気のロールケーキをお土産で頂いたことがある方もいるのではないでしょうか。

運営している株式会社パティスリードパラディが制定して、日本記念日協会に登録されています。

 

由来はいいろーる(11.6)という語呂合わせ。

毎年11月6日には、アリンコからオリジナルのいいロール(iiroll)が発売されます。

---スポンサーリンク---

ローソンのロールケーキの日

 

ローソンのロールケーキの日といえば毎月22日のことですね。

人気商品「プレミアムロール」にお値段そのままで苺トッピング(半カット)が付きます。

 

理由はパッケージに書かれている通り、カレンダーで見ると22日の上はいつも15(いちご)日なので。

もともとはショートケーキの日にちなんだサービスでしたが、今ではローソンロールのサービスデーと認識している人も多いですね。

 

さらに11月22日の「いい夫婦の日」にはトッピングの苺がダブルに。

値段はそのままに年に一度のスペシャルロールになります。

 

もちろん6月6日の「本家ロールケーキの日」にもしっかりキャンペーンを行っています。

ローソンのロールケーキへの力の入れ具合が伝わってきますね。

 

ロールちゃんの日

画像引用http://www.yamazakipan.co.jp

突然ですがこのキャラクターを見たことがありますか?

これはヤマザキのキャラクター「ロールちゃん」です。

左がシロールちゃん、右がクロールちゃんといいます。

他にもパパロール・ママロール・じーじロール・ばーばロールがいて、みんなでロール村に暮らしています。

 

ハンディタイプのロールケーキ商品「ロールちゃん」を知ってもらうために、山崎製パンが毎月11日を「ロールちゃんの日」に制定。日本記念日協会に登録されています。

言ってみればヤマザキ版ロールケーキの日ですね。

 

あまりホームページに熱心な印象の少ないヤマザキですが、ロールちゃんに関しては特設サイトを設けるほどの力の入れようです。

ちなみにロールちゃんはウサギじゃないそうです。

 

ロールちゃんの特設サイトへ

まとめ

ロールケーキの日についてまとめてみました。

各メーカーやお店でいろいろな記念日があるんですね。

美味しいロールケーキを食べる機会が増えるのはうれしいですが、もうちょっと整理して欲しい気もします。

---スポンサーリンク---