香り豊かな完熟バナナのソフトがチョコバナナソフトに早変わり

2017年、ミニストップのソフトクリーム第一弾が発売されました。

今度のフレーバーは1999年以来18年ぶりのバナナ味です。

香りのいい完熟バナナ果汁をたっぷり使った「完熟バナナソフト」。

別売りのチョコソースを自分でかけて「チョコバナナソフト」にするセットも同時発売しています。

今回は、チョコバナナソフトをテイクアウトで注文してみました。

---スポンサーリンク---

完熟バナナソフト~チョコバナナソフトver.~

こちらが「チョコバナナソフト」の持ち帰りセットです。

ミニストップの店頭スイーツはすべてテイクアウト可能です。

今回はカップで注文しましたが、コーンのソフトクリームでもフタとホルダーを付けてくれるので大丈夫です。

完熟バナナソフトの販売期間はいつまで?

完熟バナナソフトはいつまでお店に置かれているのでしょう?

ミニストップの季節モノスイーツは販売期間が発表されません。店員さんも聞かされていないので、尋ねてもわからないんですね。

ただ、ほとんどのメニューは3ヶ月スパンで入れ替わります。(例外あり)

バナナソフトと交代した安納芋ソフトも、ぴったり3ヶ月間で販売終了しました。

そう考えると、1月下旬発売のバナナソフトは春の新しいソフトクリームが発売されるまで…少なくても4月の上旬くらいまでは食べられると思います。

 

【3月17日追記】

バナナソフト3月半ばで終了しました。

予想大ハズレ。すみません。

思ったより早く苺ソフトが登場しちゃいました。

 

完熟バナナソフトは税込220

で、プラス30でこのチョコソースを付けられます。

フランクフルトのマスタードが入っているようなケースに入っています。

 

パカっとオープン。

この段階では完熟バナナソフト。

バナナのいい香りがします。

 

ソースのケースを2つに折ってピャーっとかけます。

こんな感じでチョコバナナソフトに早変わり。

チョコソースはたっぷりあるので、これでも半分使っていないくらいです。

---スポンサーリンク---

いただきます

おお、ちゃんとチョコが固まっています。

口に入ると、ポリっと軽い食感の後すぐに溶けてしまいます。

チョコが固すぎないのでソフトクリームとよく馴染むのがいいですね。

ビターな風味のチョコレートでバナナソフトとの相性は抜群です。

 

主役のバナナソフトはねっとりと粘り気のある舌触り。

香りにこだわって完熟バナナ果汁を使っているだけあって、すごくいい匂いが鼻から抜けていきます。

口どけがよく、さっぱりマイルドな味です。

バナナミルクのようなこってり甘いソフトを想像していたのですが、ずいぶんスッキリとした後味。

甘いことは甘いのですが、シャーベットを食べたような爽やかさがあります。

チョコソースなしのバナナソフトだけでも十分美味しいですね。

感想

美味しいですねバナナソフト。

ひんやりシャープな味は去年夏に出たメロンソフトを思い出させます。

ソフトだけでも美味しいですが、チョコソースをかけるとパリッとした食感とバナナによく合うほろ苦さがプラスされます。

さっぱり味だと物足りない人は、バニラと半々のミックスソフトがおすすめ。濃厚なミルク感も味わえます。

画像引用http://www.ministop.co.jp/

完熟バナナミックスソフト

税込220円

完熟バナナソフト価格とカロリー一覧

  税込価格 カロリー
完熟バナナソフト 220円 155kcal
完熟バナナミックスソフト 220円 156kcal
チョコバナナソフト 250円 206kcal
バニラソフト 220円 156kcal

※ソフトのみ(カップ)のカロリーです。コーンの場合は約30kcalプラス。

 

バナナ・ミックスともにバニラと大差ないカロリーですね。

意外にチョコソースが高カロリーでした…。

ちなみに、ミックスソフト+チョコソースの組み合わせは無し。頼んだらやってくれそうな気もしますが、公式での販売はありません。

---スポンサーリンク---