キリスト教の一大イベントイースター

 

ここ数年で日本でも少しずつ盛り上がってきているお祭りイースター

カラフルな色合いや可愛いウサギのキャラクターなど楽しげで受け入れやすそうなお祭りです。

ただ、イースターの由来や時期は日本人には馴染みがないもの。お祝いの席のお菓子もどんなものを食べるべきなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そんなイースターについてまとめてみました。

---スポンサーリンク---

イースターとは?

イースターとは、十字架にかけられたイエス・キリストが三日目に復活したことを記念するキリスト教の祭りです。日本語に直すと復活祭になります。

敬虔なクリスチャンは、イースター前には肉食を控えて復活祭当日には礼拝に行きます。

キリスト教の大きな祭りといえば、キリストの誕生日であるクリスマスがすぐに思い浮かびますね。

ですが、キリスト教ではイースターをクリスマス以上に重要な祭りとしています。

クリスマスより大きなイベントと言われても、日本ではピンときませんね。

 

イースターのお祝いに食卓に並ぶのは、イースター・エッグと呼ばれるカラフルに着色された卵です。

卵は「生命の誕生」を意味するからですね。

で、この卵を持ってきてくれる(とされている)のがイースター・バニーというウサギです。

子供たちが良い子だったか悪い子だったか見ていて、復活祭の前の晩にイースター・エッグやお菓子などを届けてくれる存在……。まあ、サンタみたいな役割ですね。

サンタはくつ下ですが、イースター・エッグはウサギの巣を作ってお出迎えします。

 

日本ではまだそこまで一般的ではないお祭りなので、卵とウサギが象徴になっているイベント、くらいの認識の方が多いですね。

イースターの時期は?

イースターの日付は移動祝日なので毎年変わります。

春分の日の後の満月の日。そこから数えて最初の日曜日。

このように定められています。

これを日本の暦に当てはめると、3月22日から4月25日までのどこかの日曜日になります。

2017年は4月16日

2018年は4月1日

2019年は4月21日

結構ズレますね。

 

クリスマスと違って、イースターは当日を迎えてもお祭りは続きます。

イースターまでの40日間とイースターの後50日間を合わせた90日間がイースター期間となります。

日本ではもう少しコンパクトに、イースターの前後二週間くらいに各種イベントやグッズ販売が行われています。

2017年の暦だと4月いっぱいが日本のイースター期間になりそうです。

 

イースター当日にこだわらず、期間中はいつイースター用の食事やスイーツを食べてもおかしくありません。

このように、クリスマスやハロウィンのようにハッキリしたピークがないところが、日本で今ひとつイースターが根付きにくい理由かもしれません。

イースターに食べる料理やスイーツは?

イースターの料理はやはり卵料理が中心です。

あのカラフルなイースター・エッグも、正式にはゆで卵に色を塗ったもの。もっとも、最近では発泡スチロールの卵やチョコエッグで代用することが多いそうです。

他にはラム肉や十字架を模したパン(ホットクロスバンズ)などが食卓に並びます。

イースターのスイーツに厳密な決まりはなく、卵を使ったデザートやウサギや卵の形をしたお菓子がイースタースイーツとして振る舞われます。

 

日本のイースタースイーツも、卵やヒヨコ・ウサギなどをモチーフにしたお菓子が多いですね。

日本人の感覚だと十字架は使いづらいようであまり見かけません。

---スポンサーリンク---

コンビニでも発売されるイースタースイーツ

盛り上がりつつあるイースターを、商魂たくましい日本の企業が放っておくはずがありません。

2016年には、コンビニでもイースター関連の商品がいくつも販売されました。2017年以降はますます増えそうです。

 

画像引用http://www.ministop.co.jp

ミニストップは早々にイースター商品を発売していました。

当ブログでも2つほど食べて紹介しています。

ヒヨコちゃんのフルーツパフェ

イースターEGGプリン~ピンクストロベリー~

 

画像引用http://www.family.co.jp/

ファミリーマートもイースターには力を入れていました。

笑っちゃうくらいタマゴにそっくりなプリンを食べました。

ファミマでイースターたまごプリン

 

画像引用http://www.lawson.co.jp/

ローソンは、うさ耳を付けたまどマギのキャラにタマゴを抱かせてイースターキャンペーンを開催。

お菓子やオリジナルグッズを販売しました。

イースター色はちょっと薄いですね。

まとめ

イースターを簡単にまとめます。

 

  • イースターはキリストが生き返った復活祭のこと。
  • 日付は毎年変わるが2017年は4月16日(日)。
  • 当日だけでなくその前後もお祝いが続く。
  • 期間中はいつイースタースイーツを食べても変ではないが、日本だと当日の前後二週間くらいが自然。
  • 卵やウサギをモチーフにした料理やスイーツを食べる。

 

大騒ぎするようなお祭りではありませんが、食卓に彩りを添えて楽しくお祝いできる春のイベントです。

イースタースイーツにも厳格な決まりはないので、各家庭でウサギや卵をかたどったオリジナルのイースタースイーツを作ってみてはいかがでしょう。

---スポンサーリンク---