チョコケーキの王様ザッハトルテ登場

今回はファミリーマートの「ザッハトルテ」をいただきます。

 

12月6日に発売されたファミマのケーキです。

チョコレートケーキの王様と呼ばれるザッハトルテ。

濃厚なオーストリアのケーキを、コンビニのケーキでどこまで再現できるのでしょうか。

---スポンサーリンク---

ザッハトルテ

こちらがファミマの「ザッハトルテ」です。

ケースの中で漆黒のボディが黒光りしています。

価格は税込270

コンビニケーキとしては多少安めの部類です。

 

出してみるとやっぱりチョコの香りが強いですね。

直径5センチ強の高さが3センチほどの小さなサイズ。

割とシンプルな外見です。

 

横から見るとこんな感じ。

四層構造になっているのがハッキリわかります。

いただきます

う~ん、ずしりと濃厚な味。

外側のチョコは、カチカチでもなくクリームのように柔らかくもない、生チョコのような感触です。

中のチョコクリームと混じり合って、口の中に豊かなチョコの香りが広がります。

 

糖衣がけされてツヤのある表面のチョコと、その下の濃い茶色の層はほぼ同じものですね。

強い風味はほとんどこの層から出ています。

圧縮されたような固めのネットリしたチョコレートで、しっかりとした甘さがあります。

口の中にいつまでもチョコの匂いが残る感覚。ここだけ食べるとさすがにくどいですね。

 

色の薄い中間層はムース状になっています。

こちらはうって変わって、とろりと柔らかで甘さも控えめ。ココアに近い優しい風味になっています。

コッテリした外チョコと一緒に口にするとちょうどいい塩梅です。

ちなみに本格的なザッハトルテは、口直しで砂糖なしの生クリームを食べるんだとか。

 

土台はふわふわのチョコスポンジです。

美味しいけど、厚さもそんなに無くて上のチョコのインパクトが強すぎて存在感はかき消され気味。

 

メチャメチャ甘そうに見えますが、中のムースがおとなしめの味なのでくどいほどではありません。

ただしチョコ風味全開なのでサイズはこれで十分。

これ以上食べると胸焼けしそうです。

ごちそうさまでした。

総評

濃厚なチョコを楽しめるケーキです。

大人の雰囲気を漂わせていますが、ちゃんと甘くて苦いタイプではないので小さい子でも喜ぶ味に仕上がっています。

食べていると気づきますが、全体にフルーティーな香りがついています。

洋酒でも入っているのかとホームページを確認したら、杏風味のソースを使っているそうです。

なるほどね。正式なザッハトルテには杏のジャムを使うそうですが、近い雰囲気は出ていると思います。(本物食べたこと無いけど)

 

冬にピッタリのチョコスイーツですが、この大きさで300kcalオーバーのカロリーがあるのでご注意を。

 食品表示

気になるカロリーは316kcal(高い!

お値段は250円(税込270円)

---スポンサーリンク---