北海道産純生クリームのショートケーキ

今回はファミリーマートの「苺ショートケーキ」をいただきます。

 

12月6日に発売されたケーキです。

この時期になるとコンビニ各店から様々なミニケーキがビシビシ売り出されます。

クリスマス商戦を考えてのことでしょうね。

バラエティ豊かな新商品の中から、どストレートなショートケーキを選んでみました。

---スポンサーリンク---

苺ショートケーキ

苺ショートケーキ

こちらが「苺ショートケーキ」です。

大事にカプセル型のケースに入れられて、価格は税込320

ケーキとしては普通ですが、コンビニスイーツとしてはなかなかのお値段です。

 

苺ショートケーキ

ケースから出して皿の上にドン。

ケースが上げ底なので、取り出すとどうしても物足りないサイズに見えてしまいます。

イチゴの香りが強いですね。果肉の香りというより、煮詰めたジャムのような匂いです。

 

苺ショートケーキ側面

横から見るとこんな感じです。

大雑把に言うと1辺5センチの立方体のケーキ。決して大きくはありません。

でも、スポンジが厚いところは好印象です。(最近はクリームばかりのケーキが多い)

 いただきます

イチゴ

まずは掟破りのいきなりイチゴから。

 

むむ、シャクシャクとかなり歯ごたえのある果肉です。

それに酸っぱい。ずいぶん若い実を摘んできたな、という感じ。

 

やっぱり強いイチゴの香りは周りのジュレからでした。

でも甘さは少ないですね。

酸味のあるイチゴなのでケーキ中盤以降に食べたほうが良さそうです。

 

一口

うん、美味しい。

クリーミーなホイップに柔らかなスポンジケーキ。

奇をてらわない王道のショートケーキ味です。

 

純生クリーム

北海道産の純生クリームを使ったホイップです。

ただ、ミルク感全開というわけではないですね。

ケーキらしくやや固めの仕上がりですが、油脂感はほとんどありません。

甘さも控えめでサッパリとしたクリームです。

量もそこまで多くないので、このケーキでは脇役的なポジションと言えそうです。

 

スポンジ

主役はこちらのスポンジですかね。

決めが細かいなめらかな舌触りで、しっとり系のとろける食感です。

ほんのりとした甘さがありスポンジだけ食べても美味しいです。

 

昔と違ってパサパサなケーキは少なくなりましたが、(レベルの上がった)最近のケーキの中でもこのスポンジは群を抜いていると思います。

ちなみに食べているのは賞味期限の日付ちょうどなので、特別新しいわけでもありません。

 

苺ショートケーキ断面

間に挟まったクリームに、小さなイチゴの果肉が入っていました。

ちょっとだけオトクな気分になれますね。

ケーキとしてはかなり軽い後味で、ボリューム不足は否めません。

もう一口欲しいところですが、ギリギリ許せる大きさかな。

ごちそうさまでした。

総評

当たり外れが激しいショートケーキですが、このケーキは美味しいです。

最近のコンビニケーキは出来が良いものばかりですが、スポンジ部分に関してはクリームでごまかしていることが多いですよね。

このファミマのショートケーキは、分厚くてむき出しのスポンジをどうぞご賞味あれ、という少数派タイプ。これでパサパサだったら目も当てられませんが、ふんわり柔らかでとても美味しいものでした。

ケーキと言えばスポンジでしょ、という方はぜひ食べてみて下さい。

 

で、コスパが悪いのは手間のかかるケーキだから仕方ないとして、イチゴの固さが気になりました。

酸味が強いのはケーキに合っていていいんですが、ヘタ方面の白いところはゴリッと口に障ります。

出来の良いケーキだけにそこだけ悪目立ちしていました。

食品表示

食品表示

食品表示

気になるカロリーは222kcal

お値段は297円(税込320円)

---スポンサーリンク---