京都の宇治抹茶を使用したもっちり生どら焼き

現在ローソンでは「本気でおいしいプロジェクト」と題して様々な商品を販売中。

とりわけスイーツは日本全国のご当地食材を使用した力の入った新作が並んでいます。

 

  • 青森産ふじりんごのロールケーキ
  • 京都の宇治抹茶を使った生どら焼き
  • 北海道の卵や牛乳で作ったピュアエッグタルト
  • 鹿児島の安納芋を使ったクリーム大福

 

今回はその中から「宇治抹茶のもっちりとした生どら焼」をいただきます。

 

スポンサーリンク

宇治抹茶のもっちりとした生どら焼

宇治抹茶のもっちりとした生どら焼

 

こちらが「宇治抹茶のもっちりとした生どら焼」です。

抹茶スイーツではお馴染みの写真パッケージ。

 

使用している抹茶は辻利一本店のもの。

老舗のお茶メーカーでローソンスイーツではおなじみです。

小豆は北海道産のゆめむらさき。

これもローソンの和菓子によく使われています。

 

価格は税込み160です。

 

宇治抹茶のもっちりとした生どら焼

 

パッケージを開けてみると思わず「えっ?」と声が出てしまいました。

なんか小さくね……?

直径を計ると8センチ弱。

う~ん。とにかく第一印象は「小さい」でした。

 

生どら焼を横から

 

横から見た感じはこう。

厚みがあるというよりは、中身が多くて閉じにくいので挟んだだけみたいですね。

匂いは普通のどら焼きです。

 

スポンサーリンク

いただきます

一口

 

うん、美味しいです。

生地は確かにもっちりしていてインパクトがありますね。

抹茶クリームからほんのりお茶の香りがします。

あんこの控えめな甘さがどら焼きの味を下支えしています。

 

どら生地

 

このどら焼きの一番の特徴はこの生地ですね。

どら焼きにしては薄い生地ですがもっちりとして弾力があります。

固めでしっかりとした歯ごたえです。

生地そのものの甘さは少なめですね。

 

抹茶クリーム

 

抹茶クリームは一見モソッとして固そうに見えます。

ところが口に入れるとあっという間に消えてしまいました。

すごく口どけのいいクリームです。

後にはお茶の後味とわずかな渋みが残ります。

クリームも甘さは控えめです。

 

粒あん

 

あんこはゆめむらさきの小豆が入った粒あんです。

プリっとした皮の食感を楽しめます。

あんこにしては全然甘くないですね。

クリームと比べて量は少なめです。

 

どら焼き断面

 

全体的にかなり甘さを抑えたどら焼きです。

後味はどら焼きとしては軽め。

クリーム多めなのでサッパリとまではいきませんが食べやすいどら焼きでした。

ごちそうさまでした。

 

総評

は美味しいです。

もっちりとした独特な食感の生地と口どけのいいクリーム。

抹茶の風味は少なめですが、全体の抑えた甘さにはほほどよい塩梅ともいえます。

バランスが良く誰もが食べやすい味のどら焼きに仕上がっています。

 

ただ、このサイズがねえ……。

クリームが多いので食後に「全然物足りない」と感じるほどではありませんが、もう一口二口は欲しくなります。

 

1

宇治抹茶の生どら焼を食べてみた

 

4月にローソンで販売していたどら焼きです。

大きさは直径9センチで、同じ抹茶と小豆を使っています。違うのは生地がふっくらタイプだということくらい。

価格も同じ160円でした。

どうしてもこのどら焼きと比較してしまいます。

 

もっちり生地をふわっと膨らませるとこのくらいの大きさになるんでしょうか。

ちなみに味だけなら今回のどら焼きのほうが好きですね。(もっちり好きなので)

食品表示

食品表示1

食品表示2

食品表示3

 

気になるカロリーは192kcal

お値段は税込み160円

 

関連記事

青森県産りんごとキャラメルのロールケーキを食べてみた

 

スポンサーリンク