山の日のために復活クレープマウンテン

今回はミニストップの「クレープマウンテン」をいただきます。

 

2013年8月に富士山をイメージしたスイーツとして発売された「クレープマウンテン~パンプディング仕立て~」が3年ぶりに再登場。

2016年から制定された8月11日の祝日「山の日」を記念してリニューアル販売です。(たぶんね)

 

山の日から1週間以上経って食べるタイミングとしては間が抜けていますが、美味しそうなので購入してみました。

 

スポンサーリンク

クレープマウンテン

クレープマウンテン

 

こちらが新しくなった「クレープマウンテン」です。

 

山を崩さないように縦長のケースに入っています。

価格は税込280

3年前は240円だったので、消費税が3%アップしたことを考えてもちょい値上げですかね。

 

クレープマウンテン 

 

おお、確かにマウンテン

 

中央にデンと山をかたどっているのはクレープです。

モンブラン調にかけられたクリームが山道っぽくていいですね。

トッピングのチョコやピスタチオもリアルな雰囲気に一役買っています。

色合いは秋の山みたいですね。

 

クレープマウンテン側面

 

角度を変えてもう一枚。

ウマそうなこと山のごとし

 

直径8センチちょいのカップですが、この山のおかげでインパクトのあるサイズ感です。

クレープの香りが少しします。

 

スポンサーリンク

いただきます

クレープ

 

まずは頂上付近のクレープから。

 

クレープ生地はしっとりとして薄いです。

卵風味が弱めのサッパリ味。

スプーンでさっくり切れるので食べにくさは無いですね。

 

マロンクリームの山

 

山の内部はこんな感じです。

 

淡黄色のクリームは山が崩れないようにネットリ固め

コクはありますが甘さは少なめです。

風味は弱いですがマロン味のクリームのようです。

 

和栗ペースト

 

山にかかっているクリーム。

絶対チョコ味だと思ったら和栗のペーストで意表を突かれました。

こちらの栗味はこってり濃厚です。

 

チョコチップとピスタチオのつぶつぶ感もいいアクセントになっています。

 

クリームとココアスポンジとプリン

 

山の下は3層構造になっています。

 

平地のクリームは山のマロンクリームよりもトロリと柔らか。

軽めのカスタードクリームで出来ています。

 

中間には薄めのココアスポンジ。

シロップ漬けでかなりしっとりしています。

 

一番下には謎の茶色プリン。

たぶんカラメル味だと思いますが、このプリンが結構ビターです。

ほろ苦い甘さで独特の仕上がりになっています。

 

クレープマウンテン断面

 

こうしてみるとスイーツを食べているというより地層調査しているみたいですね。

 

いろいろな味が詰まっていてまとまりが無い気もしますが、一つ一つは美味しいです。

ボリュームは十分満足。

後味はやや重めですね。

ごちそうさまでした。

 

総評

見た目の印象とは違い、そこまでくどくなかったのが好印象。

なかなか美味しいです。

 

底のプリンやスポンジはビターでサッパリしていますし、マロン味のクリームも普通のクレープに入っているホイップと比べたらコッテリ感は少なめです。。

それでも一山食べれば少し重さは感じますけどね。

 

モンブラン好きの方は一度チェックしてみてください。

 

食品表示

食品表示

 

気になるカロリーは315kcal(さすが山)

お値段は260円(税込280円)

 

スポンサーリンク