最近ではお盆にもお供えされるおはぎ

今回はセブンイレブンの「もっちもち冷やしおはぎ」をいただきます。

 

7月12日に発売されたおはぎです。

7月の新のお盆の時期には神奈川県のみでの限定販売でした。

一般的にもおはぎが売り場にズラリと並ぶ、8月のお盆の時期に再び登場。

今回は買える地域も増えているようです。

 

おはぎ2個セット

 

きな粉とつぶあんの2個セットも売っていました。

おはぎはお彼岸のお供え物っていうイメージがありますが、最近ではお盆にも買う人が増えている気がします。

特に8月にはコンビニやスーパーでも力を入れて売り出していますね。

小豆を使った縁起のいいお菓子ですからお盆の先祖供養にお供えしても間違いではないですよね。

 

ちなみにおはぎは「萩の花」が名前の由来なのでのお彼岸に。

ぼたもちは「牡丹の花」に見立てているのでのお彼岸に使われます。

呼び方が違うだけでモノは同じなんですね。

8月のお盆だとギリ立秋を超えているので「おはぎ」でしょうか。

もっとも今はこの呼び方にこだわる人は少なく、一年中おはぎと呼ばれることが多いですね。

 

スポンサーリンク

もっちもち冷やしおはぎ

もっちもち冷やしおはぎ

 

購入したのはバラ売りの「もっちもち冷やしおはぎ」です。

 

価格は税込130

ん? 130円?

ホームページに載っている神奈川限定の冷やしおはぎは税込で110円の表記。

あれれ値上げかよ、と思いましたがどうやらサイズアップ(お盆仕様?)しているようです。

カロリーが208kcalから245kcalに増加してますね。

確かに手に持つとずしりと重さを感じます。

それならいいか……。

 

もっちもち冷やしおはぎ 

 

おはぎを皿に乗せてみました。

横幅は8センチほど。

元のおはぎの大きさはわかりませんが、このサイズ感はなかなかです。

 

あんこがボテッと無造作に整えられていないのもいいですね。

おはぎやぼたもちは作りが雑な方が手作り感が出て美味しそうに見えませんか?

表面をツルッとなめらかにされたおはぎは買う気がしません。私だけ?

 

半分にカット

 

サクッと半分にカット。

 

あんこでもち米を包んでいるわけではなく、お寿司のように上にかぶせた形になっています。

まあ包むのは手間が掛かりそうですから。

食べてしまえば同じなのでそんなに気にはなりません。

 

スポンサーリンク

いただきます

一口

 

う~ん、美味しいです。

 

スッキリ甘さ控えめのおはぎですね。

あんこの中の小豆の食感ともち米の粒が残った舌触りがネットリいい感じです。

 

粒あん

 

あんこは十勝産の小豆を使った粒あんです。

小豆のホクホクさと皮のプリっとした感触がしっかり残った美味しいあんこです。

あんこたっぷりですが甘さを抑えてあるので重たい感じは全然ありません。

 

もち米

 

裏返すとこんな風になっています。

しっかり粒の残ったもち米。

見た目固そうですがふっくら柔らかです。

もっちり食感でもち米の甘さをほんのり感じられます。

これもウマイ。

 

おはぎ断面

 

もち米と粒あんのネットリとした食感のハーモニーが楽しめます。

ボリュームアップされて食べごたえは十分。

サッパリとした甘さなので後味もいいですね。

ごちそうさまでした。

 

総評

とても美味しいおはぎです。

これなら2個セットの方を買っても良かったかな。

7月の限定発売品より20円値段が上がっていますが、サイズが大きくなって満足度もアップ。

これで130円なら高くはないですね。

 

お盆におはぎを買う時の選択肢にいかがでしょう、セブンイレブン。

スーパーではもっと安いおはぎもあるかもしれませんが、ハズレも結構多いですから。

 

お盆だけでなくお彼岸の時期にもぜひ販売して欲しいですね。

 

食品表示

 

気になるカロリーは245kcal

お値段は121円(税込130円)

 

関連記事

【おはぎの疑問】冷凍できる?ぼたもちとの違いは?

 

スポンサーリンク