今回はセブンイレブンの「ふわっとろくりぃむわらび黒蜜入り」をいただきます。

6月14日に発売されたセブンの和スイーツです。

大福サイズの小さなスイーツですが、黒蜜入りホイップをわらび餅で包んだという変わり種。ちょっと味の想像がつきません。

 

1

もちとろ宇治抹茶を食べてみた

 

系統としては同じセブンイレブンのもちとろシリーズに近そうに見えます。

どんな味なのか楽しみです。

---スポンサーリンク---

ふわっとろくりぃむわらび黒蜜入り

ふわっとろくりぃむわらび黒蜜入り

こちらが「ふわっとろくりぃむわらび黒蜜入り」です。

いきなり金額の話をするのもナンですが、税込100円はありがたいですね。

ついで買いしやすい値段です。

 

パッケージはもちとろシリーズと同じもの。

大事にケースの中に収まっています。

 

ふわっとろくりぃむわらび黒蜜入り 

直径は5センチちょっと。

ひと口……いや、ふた口サイズかな。

ほどよくまぶされたきな粉がいい香りです。

 

半分にカット

半分にカット。

皮のわらび餅に粘りが無いので意外にアッサリ切れました。

やはり、もちとろとは違うようですね。

 

切り場所が悪くて中の黒蜜がやたらと少なく見えますが、実際はもっと入っています。

---スポンサーリンク---

 

いただきます

一口

うん、美味しいです。

ホントにふわっとろですね。

 

いわゆるモチモチ感のようなものはなく、ふわりとした食感でとろけていきます。

ホイップクリームが溶けるのは当たり前ですが、わらび餅までとろ~りと消えていくのは不思議な感覚です。

 

わらび餅

どうなってるんでしょう、このわらび餅は。

普通のわらび餅はぷるんとした舌触りが特徴ですが、このわらび餅は弾力が少なくテローンとしています。

で、割と早めに口の中でとろけますが、餅のようなネットリした溶け方ではなく、ふわ~っとクリームと同化してしまうような食感です。

 

新食感なので伝えるのが難しいですね。

やたらと柔らかいわらび餅ってことです。

 

断面

ホイップクリームもサラリとしていて口どけ重視の仕上がりです。

たっぷり入っていても甘さ控えめなので重さは感じません。

 

黒蜜もサッパリした甘さです。

香りが良く全体に和のテイストを漂わせています。

 

よく見るとわらび餅の中にも黒蜜が練り込んであるようです。

これでさらに風味がレベルアップ。

 

黒蜜とろり

ちゃんと黒蜜もたっぷり入っています。

 

地味にきな粉もいい仕事をしています。

粉っぽさはなく、ふわとろの中に香ばしさをプラスしています。

 

このミニサイズだとあっという間に食べ終わってしまいますね。

でも心に残したインパクトは結構デカめ。

ごちそうさまでした。

総評

わらび餅ごととろける不思議な食感が美味しいです。

とろ~りとかテローンとか頭の悪そうな表現ばかりになってしまいましたが、本当にそんな感覚なんです。

 

きな粉と黒蜜が生み出す和風の味も、ふわとろ食感にとてもよく合っています。

見た目の地味さで敬遠している方がいたら、ぜひ一度食べてみてください。

100円なのでコーヒーのお供にも丁度いいですね。

食品表示

食品表示

気になるカロリーは130kcal

お値段は93円(税込100円)

---スポンサーリンク---