今回のはサークルKサンクスの「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」をいただきます。

 

スポンサーリンク

 

6月7日に発売された新しい和スイーツ。

かなり評判が良いらしく、実際に食べた方がアップしている商品写真を見ると鮮やかな緑が確かに美味しそうです。

店頭に並んでいるのをなかなか見つけられませんでしたが、ようやく一つだけ置いてあったのを発見。

光速でゲットしました。

 

黒蜜を包んだ抹茶わらび餅

 

こちらが「黒蜜を包んだ抹茶わらび餅」です。

お椀のような丸型の大きめなカップに入っています。

以前、食べたサークルKのわらび餅とは形が変わっています。

1

黒蜜を包んだわらび餅を食べてみた

 

一見、芝生のようにグリーンの抹茶が敷き詰められているようですが、中のフタにプリントされた写真です。

 

黒蜜を包んだ 抹茶わらび餅

 

パカっとオープン。

あれ、他の人の写真と違う……。

思ったより深く濃い緑です。

光の加減かな。

 

でも、抹茶がふんわり香っていい感じです。

 

スポンサーリンク

 

いただきます。

 

一口

 

うん、美味しいです。

 

プルンとした心地いい歯ざわりのわらび餅です。

まぶしてあるのは抹茶ときな粉を混ぜあわせたもの。

それなりに抹茶の渋みを味わえますが、苦すぎて食べづらいということはないですね。

抹茶風味が加わってより和菓子らしさがアップしています。

 

半分にカット

 

噛みしめると中からじゅんわりと黒蜜が出てきます。

ただ、甘さはかなり控えめ。

抹茶わらび餅にほんのり優しい甘さを足しています。

 

口の中では甘みが溶け出してきますが、外で2つに割ってみても垂れてくるようなゆるい黒蜜ではありません。

これならプスッと串で刺しても穴から蜜が流れ出ててしまう心配はなさそうです。

この辺りは工夫されていますね。

 

抹茶わらび餅

 

大きめのわらび餅が6個入っています。

前作の「黒蜜を包んだわらび餅」は7個入りだったので1個減っています。

 

でも、ひとつひとつの餅がサイズアップしている気がしますね。

ボリュームに不満は感じませんでした。

 

フラッシュわらび餅

 

最後におもいっきり光を当てて撮影してみました。

実物はこんなに明るい緑ではないですけどね。

 

ごちそうさまでした。

 

総評

美味しいわらび餅でした。

渋さと香ばしさを持つ抹茶きな粉が、和のスイーツのわらび餅と非常にマッチしています。

黒蜜も控えめな味なのでサッパリとした後味です。

甘いモノが苦手な方でも楽しめそうな大人のスイーツになっています。

 

ただ、抹茶を足したことによって粉が増えてしまい少し舌触りが落ちてしまった感じはします。

舌にわらび餅を乗せた瞬間のつるりとしたなめらかな感触は薄くなっています。

粉を減らせば風味が落ちるので、無い物ねだりという気はしますが。

 

食品表示1

食品表示2

 

気になるカロリーは200kcal

お値段は213円(税込230円)

 

※値段は「黒蜜を包んだわらび餅」と同じですが、餅の数が減っているのにカロリーや炭水化物の数値は「抹茶わらび餅」のほうが上。やっぱり餅1個が大きくなっているようです。

 

黒蜜を包んだわらび餅を食べてみた

 

スポンサーリンク