暑くなってくると冷たいスイーツが恋しくなりますよね。

夏にかけてコンビニ各社でも単なるアイスだけでなく、オリジナルのかき氷系スイーツなどの販売に力が入ります。

 

ファミリーマートではコーヒーマシンを上手く使ったフラッペシリーズを2014年に発表。毎年少しずつ進化していっています。

ただこの商品、初めて購入する方には作り方がちょっとわかりにくいかもしれません。

忙しそうにしている店員さんに訊くのもちょっとね……。

 

というわけで、ファミリーマートのフラッペについて、作り方や種類、カロリーなどをまとめてみました。

---スポンサーリンク---

ファミマフラッペの作り方

フラッペの作り方の流れを説明します。

 

最初にひとつだけ注意点を。

ファミマのフラッペはミルクを投入しますがカフェフラッペだけはコーヒーが入ります

ここだけは間違えると悲惨なので気をつけてください。

 

 

購入直後のフラッペ

まずはフタのついたフラッペを冷凍庫から取り出しレジで購入します。

店舗によって違いはありますが、冷凍食品と一緒の冷凍庫に置いてある場合が多いです。

太いストローをもらうのを忘れずに。

 

 

フタを外す

ドリルのようなフタをねじりながら外します。

ちょっと開けにくいですが、たいていは買った時に店員さんが開けてくれます。

今回は撮影のため自分でオープン。

 

 

手で潰す

手で揉んでかき氷を崩しておきましょう。

こねこね……。

これをヤッておかないとフラッペがいい感じに溶けず、後でストローでシャンシャン砕くという面倒な作業をするはめになります。

 

 

ミルクのボタン

コーヒーマシンの抽出口にフラッペをセットします。

カフェフラッペ以外のフラッペはミルクのボタンを押します。

くどいようですが、カフェフラッペはコーヒーのボタンです。

 

この瞬間だけはいつも少しだけ緊張します。

 

ミルク注入

しゅごおおっと音を立ててホットミルクが注入されます。

 

ちなみにこのミルクと言うのはホントに普通の牛乳です。

コーヒーマシンの横の銀のボックスに、自宅の冷蔵庫に入れておくような1リットルサイズの牛乳パックが2本入っていました。

(ミルク切れの時に鍵開けてチェックしているのを横から目撃)

 

 

完成

備え付けのフタをかぶせて完成です。

氷を潰す作業以外はコーヒーを買うのと変わりませんから簡単です。

 

 

マンゴー&オレンジフラッペ

カンカン照りなので駐車場の日陰で撮影。

暑い日に飲むフラッペは最高です。

 

このフラッペは熱いミルクが入るので長持ちはしません

その場で食べるスイーツですね。

持ち帰るのは厳しいです。

 

家でフラッペを食べたいならローソンのモノのほうが優れています。

凍ったまま持って帰って自宅のレンジで軽くチンするだけで食べられます。

 

ウチカフェフラッペ 抹茶あんみつ

ウチカフェフラッペ 抹茶あんみつ(ローソン)

 

2017年ファミマ フラッペカロリー

2017年のファミリーマートフラッペはこちら。

新作が発表されたら追加していきます。

 

税込値段 カロリー
リッチフラッペストロベリー 330円 224kcal
チョコミントフラッペ 290円 265kcal
ミルクティーフラッペ(ブラックタピオカ入り) 290円 192kcal
抹茶&ホワイトチョコフラッペ 290円 200kcal
カフェフラッペ 270円 179kcal
抹茶フラッペ 260円 179kcal
チョコレートフラッペ 290円 232kcal
ブルーベリーフラッペ 290円 192kcal
リッチフラッペマンゴー 330円 179kcal
ジェラートフラッペヨーグルト味 320円 371kcal
クッキーバニラフラッペ 290円 271kcal
キャラメルフラッペ 290円 337kcal

 

---スポンサーリンク---

2016年ファミマ フラッペカロリー

2016年に、ファミリーマートで発売されていたフラッペはこちらです。

 

税込値段 カロリー
カフェフラッペ 270円 218kcal
抹茶フラッペ 260円 179kcal
マンゴー&オレンジフラッペ 260円 170kcal
ストロベリーフラッペ 290円 189kcal
ミルクティーフラッペ 270円 190kcal
ピーチフラッペ 290円 174kcal
チョコレートフラッペ 290円 219kcal
リッチフラッペキャラメル 290円 301kcal

 

このフラッペが全部ずらっと並んでいたわけではなく、店頭にあったのはこの中の3~4種類でした。

新作が出ても割りと早めに姿を消してましたね。

カフェと抹茶は定番でいつも置いてありました。

 

フラッペの種類

いろいろあるフラッペを簡単に紹介。

 

■2017年フラッペ

 

 


画像出典http://www.family.co.jp

リッチフラッペストロベリー

去年も発売されたストロベリーフラッペを果肉2倍にした豪華バージョン。

今のところフラッペで唯一の300円超え。(330円)

 


画像出典http://www.family.co.jp

チョコミントフラッペ

人気アイスをそのままフラッペに。

爽快感をチョコチップのパリパリ感が楽しめます。

 

■2016年フラッペ

マンゴー&オレンジフラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

マンゴー&オレンジフラッペ

今回の撮影時に買ったフラッペ。

マンゴーよりオレンジの味が強め。

小さい果肉(マンゴー?)入り。

結構甘く感じました。

 

ストロベリーフラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

ストロベリーフラッペ

もろにイチゴ牛乳の味。

マンゴーオレンジよりもしっかりした果肉入り。

ちょっと味が薄いかな。

 

抹茶フラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

抹茶フラッペ

ネットで賛否が分かれていますが割と好き。

抹茶ミルクなので渋さはないですね。

2015年に飲んだ初ファミマフラッペ。

べとつかない甘さで美味しかった記憶があります。

 

カフェフラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

カフェフラッペ

甘い氷を溶かして飲むカフェラテです。

量も多くて美味しいけど、値段を考えると普通のアイスコーヒーでもいいかなと…。

 

ミルクティーフラッペ

ミルクティーフラッペ

6月26日に発売された数量限定のフラッペ。

ミルクティーにさらに牛乳を足したような味でした。

甘さも少なくて、さすがに薄く感じましたね。

紅茶の葉の粉が入っていて香りはいいです。

 

ピーチフラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

ピーチフラッペ

2016年7月に発売されましたが飲めずに終わったフラッペです。

なんか、あっという間に店頭から消えたような…。

ちょっと高かったんですよね。

 

チョコレートフラッペ
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

チョコレートフラッペ

ベースのチョコレート味のかき氷に、さらにチョコチップをプラスの濃厚味。

夏真っ盛りの8月上旬に発売されました。

 

リッチフラッペキャラメル
画像出典
http://www.family.co.jp/goods/famimacafe/

リッチフラッペキャラメル

キャラメル味の氷にホワイトチョコチップ入りの濃厚フラッペ。

チョコレートフラッペを余裕で超える高カロリーです。

これも飲みませんでした。

発売が10月だったのでもう寒くて…。

 

まとめ

ローソンのフラッペやミニストップのハロハロと比べると、ファミリーマートのフラッペは牛乳ベースなのでスイーツと言うより飲み物に近いですね。

スプーンを使わずにストローだけで飲めるので、歩きながらでも運転中でも手軽に飲むことができるのがいいところです。

暑い日のお供に冷たいドリンクとしての選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

 

2017年夏 冷たいスイーツ関連記事

【アイス・かき氷】コンビニのおすすめ冷たい夏スイーツ(2017)

【2017夏ミニストップ】コールドスイーツのカロリー・価格まとめ

【2017ローソン冷菓】マチカフェフローズンを試食!食べ方やカロリーなど

---スポンサーリンク---