今回はサークルKサンクスの48層のパイサンド(カスタードホイップ)をいただきます。

 

スポンサーリンク

 

サンクスのスイーツコーナーで見たことないパイを発見。

どういうカウントの仕方かわかりませんが48になっているパイのようです。

48層と言えば以前にサンクスでは48層のドーナツも売っていましたね。

どちらかといえばスイーツではなくパンのカテゴリーに入れられていましたが。

 

48層のパイサンド(カスタードホイップ)

こちらが「48層のパイサンド(カスタードホイップ)」です。

横長タイプで直接かじれば食べやすそうです。

でも、全体像を見たいので出してみます。

 

48層のパイサンド (カスタードホイップ)

 

測ってみると12センチ弱あります。

結構長いですね。

 

側面

 

横から見るとこんな感じです。

パイサンドなので上下分断されていますね。

間にはカスタードホイップが挟まっています。

 

半分にカット

 

ザクっと半分にカット。

土台の生地が結構固くて切りづらいです。

確かに層がいくつも重なってサクサクした感じはあります。

 

お菓子作りに詳しくない私にはわかりませんが、48層だとどのくらい生地を折り込むんでしょう。

伸ばして折って2。同じように折って4。さらに8。

倍々にしていくと48にはなりませんね。

どこかで三つ折パターンも入るのかな。

 

スポンサーリンク

 

いただきます。

 

一口

 

おお、思った以上にサクサクです。

カスタードの存在感は薄め。

とにかく多重層のパイを楽しんでくださいというお菓子ですね。

パイ生地自体も粉砂糖がかかっていて少し甘いです。

 

パイ生地

 

主役のパイ生地。

さっくり軽い食感です。

何層にも重なった生地をパリパリと噛みしめる歯ごたえが心地いいです。

パイなのにあまり油っぽくないのも嬉しいですね。

 

カスタードホイップ

 

ぽろぽろこぼれて写真も撮りにくいです。

カスタードホイップは優しい甘さ。

量も控えめで生地のサクサク感を邪魔しないことを重視しています。

 

土台

 

ポツポツ穴が開いているとクラッカーのように見えますね。

でも、しっかりサクサクのパイ生地です。

膨らまないように空気を逃がす穴でしょうか。

 

パイサンド断面

 

とにかくサクサク食感に特化しているパイですね。

他に特徴がないのであまり言うこともないというか……。

 

大きさもこのくらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

これ以上食べるとくどくなりそうです。

ほとんどパイ生地のみなので。

 

ごちそうさまでした。

 

総評

サクサクしか感想を書いてない気がしますが、ひたすらパイ生地の歯ざわりを楽しむスイーツだと思います。

いろんなパイを食べた時に、生地うまいな~、生地ばっかり食べたいな~、と思う方にはもってこいのお菓子です。

 

さっくりのパイ生地は確かに美味しいですが、ちょっとシンプルすぎる気もしますね。

でもおかげで、値段が手頃なのでいいのかな。

 

20160528_4132

20160528_6213

 

気になるカロリーは192kcal

お値段は149円(160円)

 

スポンサーリンク