今回はセブンイレブンの爽やかレモンのホワイトフロマージュをいただきます。

 

スポンサーリンク

 

5月17日に発売された新しいチーズケーキです。

ホワイト(白い)フロマージュ(チーズ)という英語とフランス語を組み合わせた名前のオリジナルスイーツ。

 

セブンイレブンがプッシュしている「白いスイーツ」シリーズのひとつです。

このブログで取り上げるのは4つ目になります。

シリーズの中には販売地域が限定されているものもあって、私の地元で購入できる「白いスイーツ」はこれがラストです。

 

  • バトンフロマージュ
  • たっぷりバニラクリームのミルクプリンケーキ
  • 八ヶ岳高原産牛乳のクリーム盛りプリンケーキ
  • しろもこ

 

まだ見ぬ白いスイーツはこの4つ。

手に入れられないとなると、美味しそうに見えてきます。

 

爽やかレモンのホワイトフロマージュ

 

こちらが「爽やかレモンのホワイトフロマージュ」です。

新商品のはずが見慣れたフォルムですね。

 

1

以前食べたホワイトフロマージュにそっくりです。

形や色、大きさ。値段までキッチリ同じ。

名前と「レモン果汁入り」の文字がないと気づきませんね。

 

で、たしかこのパッケージが……。

 

2

3

開けにくくてケーキも崩れやすかったはず。

片手で持って食べる丸かじり仕様なんでしょうか。

一応、皿に載せたいので、逆から開けてみます。

 

開け方1

開け方2

逆側を止めてあるセロテープを外すと簡単に開きます。

その後、真ん中をピラーっと裂いていけばきれいに出せますね。

特にハサミなども必要ありませんでした。

 

爽やかレモンのホワイトフロマージュ 

 

崩れていないと2割増しくらいで美味しそうに見えます。

チーズの香りがふんわり。

 

スポンサーリンク

 

いただきます。

 

一口

 

う~ん、美味しい。

チーズはネットリとして濃厚な味。

香りはよくクセが少ないので食べやすいです。

レモンの軽い酸味もしっかり感じます。

 

底に敷かれたタルト生地ももサックリとしていていいですね。

 

フロマージュ

 

フォークで切るとチーズの感触はバターのような固さ。

口に入れるとすうっと溶けて甘さが広がっていきます。

口どけはすごくいいので歯の裏に残るようなことはありません。

 

チーズが濃厚でクリーミーなのは以前のホワイトフロマージュと一緒。

レモン味が足されたことでスッキリした味に仕上がっています。

思ったよりレモンの酸っぱさはありません。

 

タルト

 

タルト生地は半分くらいはしっとりしていますが、サックリ感も少しは残っています。

生地自体には甘めの味付がされていますね。

薄いのにアーモンドの香りがする、存在感強めの生地です。

 

フロマージュ断面

 

爽やかレモンが足されて食べやすくはなりましたが、チーズの濃厚さがダウンしたわけではありません。

風味だけでなくしっかりコクもあるので、このサイズならチーズの味を十分堪能できます。

 

ごちそうさまでした。

 

総評

レモン果汁が少し加わっただけで、ずいぶんサッパリ味に感じます。

前作と比べて材料に大きな変化があるわけではないので、そんなに違わないはずですが……。

記憶の中で、以前のホワイトフロマージュを勝手に濃厚にしすぎているのかもしれません。

 

ただそれを抜きにしても、このレモンフロマージュは美味しいです。

もともとクセのないチーズ風味なので万人受けしやすいスイーツだったのが、レモンの酸味でより食べやすくなっています。

 

なぜかスイーツ棚の端の方に追いやられていることが多いこのホワイトフロマージュ。

なんとなくパスしていた方は、これを機にぜひ一度試してみてください。

 

白いスイーツシリーズ

まっしろホワイトチョコロールを食べてみた
もっちり白いレアチーズどらを食べてみた
みるくあんみつぱふぇを食べてみた

 

食品表示

 

気になるカロリーは235kcal

お値段は153円(税込165円)

 

スポンサーリンク