ミニストップ人気のマンゴーパフェ

今年もマンゴーの季節がやってまいりました。

ミニストップのパフェの中でも人気ナンバーワンと言われている「マンゴーパフェ」が発売中。

爽やかなパフェは暖かくなってきた今の時期にはもってこいのスイーツですね。

 

 

2017年版のマンゴーパフェについてはこちら。

ミニストップ・マンゴーパフェ2017を食べてみた

 

 

ちなみにパフェは持ち帰りが可能です。

注文時にテイクアウトでと伝えればカップに蓋を付けてくれます。

ただ、保冷剤はないので急いで持って帰りましょう。

というわけで私も競歩で帰宅。

---スポンサーリンク---

マンゴーパフェ

マンゴーパフェ 持ち帰り

テイクアウトはこういうプラスチックの蓋をしてくれます。

 

注文をしてパフェが出来るのを待っているときに、マンゴーパフェはいつまで販売しているのか訊いてみました。

でも、ハッキリとは決まっていないようです。

ミニストップの季節スイーツは販売時期がいつもアバウトですね。

 

お店の人が言うには、夏頃には無くなる可能性が結構あるそうです。

いま販売中のいちごのパフェが終了して、その次のパフェが発表されるとじょじょに無くなっていくだろう、とのこと。

店舗ごとに在庫や売れ行きに差があるので、一斉にぱたっと終了するわけではないんですね。

 

ひとまず、数ヶ月はマンゴーパフェを楽しむことが出来そうです。

 

マンゴーパフェ

パカっとオープン。

マンゴーのざく切りがゴロゴロ入っています。

その上からマンゴーソースをたらり。

中央には安定のバニラソフトが鎮座しております。

いただきます

マンゴー

まずは大きなカットのマンゴーから。

う~ん、美味しい。

とろっとした柔らかさを持つ果肉。

ジューシーでスッキリした甘さのマンゴーです。

 

バニラソフト

バニラソフトも相変わらずの美味しさです。

北海道産の生乳を使用した濃厚なミルク感。

甘くてコクもあるのに、くどくなくて食べやすいです。

 

マンゴーソース

マンゴーソースはトロリとして甘酸っぱいですね。

バニラソフトにぴったりな酸味があります。

 

マンゴーパフェのこのソース部分は毎年変化がつけられているようです。

今年のソースは「キャウ」と「アルフォンソマンゴー」の2種類のマンゴーを使用。

ソースの量も去年の1.5倍に増やしてあります。(ホームページより)

 

一口

このマンゴーは完熟の濃い甘さではなく、ちょっと青さの残る若いマンゴーのようなさわやかな味です。

単独で食べるにはもっと熟していたほうがいいですが、甘いバニラと一緒だとこのくらいのほうがマンゴーの味が際立っていいですね。

果肉の感触もしっかり楽しめます。

マンゴーソースは完熟っぽい濃厚さがあるので、フルーティーな甘さも味わえます。

 

側面

ソフトクリームの下にもマンゴーがゴロゴロ入っています。

贅沢なパフェですね。

 

凍ったマンゴー

中の果肉は半分凍っています。

ひんやりシャリシャリでこれまた美味しいです。

上のマンゴーは、凍っていない柔らかいものを注文されてから後乘せしているようですね。

違いがハッキリわかる2つの食感を味わえます。

 

パフェ断面

下のエリアにもきっちりマンゴーソースを垂らしてくれているのは嬉しいですね。

スッキリした後味ですが、バニラソフトもマンゴーの実もたっぷりなので、満足感は半端じゃないです。

ごちそうさまでした。

総評

非常に美味しいパフェでした。

柔らかくて瑞々しいマンゴーの果肉とミルキーなバニラの甘さ。

両方ともトロリとした口どけで相性はとても良いです。

食べ進んでいくと現れるフローズンマンゴーは、これからの暑い時期には最高だと思います。

 

パフェと言ってもそんなに重たいスイーツではないので、未体験の方はぜひ一度食べてみてください。

あと、もうすぐ終了しそうないちごパフェも。

食品表示

気になるカロリーは155kcal(低い)

お値段は税込350円(安いと思います)

 

 

---スポンサーリンク---