今回はファミリーマートのフルーツオムレットをいただきます。

 

ファミマでスイーツコーナーを見たら中央のいい場所にこのオムレットがずらりと並んでいました。

新商品みたいな顔してますけど、節分の時期に恵方巻きのひとつとして販売されてませんでしたっけ。

でも、美味しそうなのでさくっと購入。

---スポンサーリンク---

フルーツオムレット

フルーツオムレット 袋入り

今年の恵方は南南東、と書いてあるのでやっぱり節分仕様?

 

今でこそ、節分に恵方巻きやロールケーキまでもが便乗して売られていますが、私が子供の頃には「恵方巻き」など聞いたこともありませんでした。(翔んで埼玉在住)

初めて耳にしたのはTV番組「ガキの使い」の初期の頃のトーク。

古式ゆかしく正式に恵方巻きを食べる浜田家をちょっと小馬鹿にする松ちゃんの話を聞いて、変わった風習もあるんだなあと感じたのを覚えています。

 

ちなみに正しい食べ方は、「その年の恵方を向いて黙って一気に休まず食べる」だそうです。

コンビニやスーパーの販売戦略のおかげですっかり広まった節分の恵方巻きですが、この正式な作法を守っている人はどれくらいいるんでしょうか。

 

フルーツオムレット ケース入り

出してみるとふわっと甘い香りがします。

ケーキを二つ折りにしてクリームと果物を挟んだ、典型的なオムレットです。

太くて長ければ「巻いて」なくても恵方巻きにされてしまう時代。

 

フルーツオムレット

サイズを計測してみると長さが13センチありました。

幅5センチで高さは3.5センチ。

一人で食べるにはなかなかの大きさです。

 

いちごの色があんまり良くないですね。

 

オムレット断面

カットするとこんな感じです。

あ、恵方巻きは切ったらダメなんだっけ。

---スポンサーリンク---

いただきます

スポンジ

うん、美味しいです。

ふんわりスポンジケーキに、甘さ控えめでちょっぴりコクのあるホイップがよく合います。

 

黄桃

黄桃は期待通りの甘さです。

ジューシーではありませんが、コリコリとした食感でうまい。

柔らかいオムレットにこの歯ごたえがいいアクセントになっています。

 

ホイップクリーム

よくホイップされたクリーム。

やや固めに仕上がっていて垂れたりしないので、食べやすくていいですね。

優しい甘さでミルキーなコクがあります。

 

いちご

いちごは甘いけどちょっと固いですね。

果肉の水気が飛んで種が口に障る舌触り。

これはイマイチ。

 

スポンジ 拡大

スポンジは柔らかくて乾いたタイプです。

そこに薄くクリームを塗ってクレープで包んでいます。

スポンジにしっとり感もプラスされてさらに美味しくグレードアップ。

パサパサになるのも防げて一石二鳥ですね。

 

断面

うまいこと黄桃を散らして食べるといい感じです。

くどさを感じさせない軽い風味なので、この大きさでも思ったよりあっさり食べきってしまいました。

ごちそうさまでした。

総評

とても美味しいオムレットです。

フルーツの酸味と食感のおかげで、味にバリエーションが出て最後まで飽きずにいただけました。

クリームもスポンジも軽いので見た目よりも後味はいいですよ。

黙って一気に平らげるのは無理そうですが。

 

いちごが古く感じたのだけ残念でした。

食品表示

食品表示1

食品表示2

気になるカロリーは425kcal(まあ、このサイズですから)

お値段は338円(税込365円)

---スポンサーリンク---