今回はセブンイレブンのイタリア栗の濃厚モンブランをいただきます。

 

イタリア栗の濃厚モンブラン

ほほう。イタリア栗のモンブランですか。

イタリアに栗のイメージはあんまり無いですね。

栗といえば日本、焼き栗だと中国。

モンブランは……フランス?アバウトなイメージですが。

調べてみるとヨーロッパ栗と呼ばれるものがあるみたいですね。

イタリアも有名な産地のようです。

 

イタリア栗の濃厚モンブラン

さすがにイタリアの栗の実を乗せるのは無理でしたか。

庶民的な値段で食べられるんだから贅沢は言いません。

 

イタリア栗の濃厚モンブラン

せっかくの本格的モンブランなので、皿に移していただきましょう。

栗のいい香りがします。

 

側面

横からスポンジが見えます。

この糸状になったクリームはモンブランという山を、上の粉砂糖は降り積もった雪を表現しているんだそうです。

これも知りませんでした。

今までは考えもせずに、ただバクバク食べるのみ。

ごめん、ケーキ職人。

 

断面

切るとこのようになっています。

一番上が栗のクリーム。

その下のホイップクリームがスポンジを覆っています。

スポンジの中の色が濃いのがマロンペーストですね。

---スポンサーリンク---

 

では、いただきます。

一口

うん、うまい。

なめらかなクリームは軽い口どけです。

スポンジケーキはしっとりタイプではなく、普通の硬さを持ったタイプですね。

もちろんパサパサ感はありません。

クリームたっぷりですから、これくらいしっかりしたスポンジのほうがあっていると思います。

ただ、栗の味が少ないような……。

マロンクリームだけ舐めてみると栗の味は弱いですね。

香りはそれなりにあるんですが。

 

マロンペースト

栗味のほとんどはここ。

このマロンペーストに頼っています。

全体の大きさからすると、さすがに量が少ないなあ。

でも美味しい。

ペーストをちょっとづつ付けながら味わいます。

ごちそうさまでした。

総評

洋酒を使用することで生まれる豊かな風味。柔らかでくどさを感じさせないクリームに、それをしっかり支えるスポンジケーキ。

とても美味しいケーキでした。

やはり気になるのは栗要素の少なさですね。

確かにマロンクリームはたっぷり乗っていますし、ペーストは栗の濃い味がします。

全体的に栗の味が弱いというのは言いすぎかもしれません。

なんでこんな印象を持つかというと、「イタリア栗の濃厚モンブラン」。
この「濃厚」の文字ですね。

これを見ると栗のこってりした味をイメージしてしまいます。

「ふんわりモンブラン」とか「本格モンブラン」みたいな名前だったら、気にもしなかったと思います。

でも繰り返しになりますけど、ケーキとしては相当うまいですよ。ボリュームもありますし。

この金額でこのクオリティーのものが気軽にコンビニで手にすることが出来るのは嬉しい限りです。

 

食品表示

気になるカロリーは243kcal

お値段は238円(税込257円)

---スポンサーリンク---