今回はスリーエフの2色のモンブランをいただきます。

 

最近自分の買い出しローテーションに加わったスリーエフ。

意外に(失礼)スイーツのレベルも高いと感じています。

そんなわけで、本日のおやつもスリーエフで見た目のみの選択。

 

2色のモンブラン ケース入り

黄色と茶色の2色のモンブラン。

茶色の方は栗の渋皮煮が使われているようです。

どんな味の違いがあるんでしょうか。

 

2色のモンブラン

パカっとオープン。

綺麗に整列した2色のモンブランクリーム。

陣取り合戦は黄色の勝ちですね。(どうでもいい)

マロンの香りがふわっと漂います。

---スポンサーリンク---

 

いただきます。

黄色モンブラン

ひとたま多い黄色から。

典型的なモンブランの味ですね。

ふんわり香る栗の風味に控え目な甘さ。

平凡ですが美味しいです。

 

スポンジ

下段にはスポンジが敷かれています。

柔らかくて乾いたタイプのスポンジです。

パサパサ感は無くサラッとした口どけ。

甘さはあんまり無いですね。

 

カスタードムース

モンブランクリームとスポンジケーキの間にあるのはカスタードムースです。

見た目や食感はプリンのようで、しっかりした固さがあります。

これは結構甘いです。

 

茶色モンブラン

続いて茶色の方のモンブランはどうでしょう。

うん……なるほど。

これは……茶色のほうが……渋皮が入っているので……栗の風味がよりハッキリ……味わえるような……。

嘘です、すみません。

2色の味の違いが全然わかりません。

味覚が鋭い人ならハッキリ差を感じ取れるのかもしれませんが、私のバカ舌ではさっぱり。

気持ち茶色の方が、栗の風味が濃いような気がしないでもないような。

極めて微妙な違いです。

 

なので、茶色も平凡でうまいモンブランということです。

 

断面

一般的なモンブランケーキと比べるとホイップクリームの部分がないので、後味は軽いです。

モンブランクリームとスポンジだけだともっさりしてしまいそうですが、プリンのようなカスタードムースのおかげで食べやすいケーキになっています。

 

味は淡白な方ですが、量は多めなので満足感はありますね。

ごちそうさまでした。

総評

ふんわり香るモンブランにあっさりのスポンジ。

その2つを固めのカスタードムースがつなぎあわせて、調和の取れたスイーツになっています。

モンブランにしては手頃な金額なのも嬉しいポイントです。

 

ただ、最大の特徴である2色のモンブランの味に大きな違いがないのは残念です。

濃い薄いでもいいので誰でもわかる差があれば、交互に味の違いを楽しみながら食べられると思います。

 

食品表示

この食品表示シールの貼り方もよろしくないですね。

 

気になるカロリーは295kcal

お値段は204円(税込220円)

---スポンサーリンク---