ミニストップから11月15日に「三元豚のロースとんかつサンド」が発売されました。

カツの分厚さと店内調理のフレッシュさが売りの新商品です。

このコンセプト、ローソンの厚切りカツサンドとかぶりますよね?

なので実際に食べてみて2つのカツサンドを比較してみました。

 

---スポンサーリンク---

三元豚のロースとんかつサンド

こちらが「三元豚のロースとんかつサンド」です。

価格は税込420

 

見た目のインパクトはなかなかのもの。

当たり前ですが売り場ではビニールがかかっています。

 

 

横からの見た目。

カツだけじゃなくパンもかなりボリューミーです。

 

 

食べる前からわかっていましたが、やっぱりウマい。

 

これだけ厚いカツですがさっくりと噛み切れる柔らかさです。

ロースといっても脂っ気はそんなに無いですね。

しっとりとしたキャベツからソースの味が染みて意外にさっぱり食べられます。

 

 

ソースは家庭にある中濃ソースに近い味です。

野菜っぽい酸味とちょっとだけピリ辛を感じるソース。

キャベツの水気も含んでこのくらいの量なので、そんなに味は濃くありません。

 

パンまで厚くて食べごたえがありますね。

最近流行りのふわふわ食パンではなくて昔ながらのノーマル食パン。

カツサンドには絶対こっちのほうが合うと思います。

 

 

カロリーは不明。

でも、このボリュームだと700kcalは越えていそうです。

ごちそうさまでした。

---スポンサーリンク---

ローソンとミニストップのカツサンドを比較

 

さてローソンとミニストップのカツサンド。

どちらも美味しいのでスパッと優劣は付けられませんが、いくつかのポイントを比較してみました。

 

★値段

ローソン 厚切りロースかつサンド
税込399円

ミニストップ三元豚のロースとんかつサンド
税込420円

 

値段はローソンの勝ちですね。

値引きもされることも多いです。

 

 

★ボリューム

ボリュームはあきらかにミニストップのカツサンドのほうがあります。

カツは大差ないですけど食パンの厚みが違います。

 

 

 

★ビジュアル

カツサンドそのもののインパクトはローソンの方が強いです。

とにかくカツの断面を分厚くすることに全力を傾けています。

少しでもカツを厚くみせるようにパンは薄切り。

断面重視なのでカツの奥行きもそんなにありません。(だからパンが扇形に広がる)

 

ミニストップの方はもう少しバランスを重視しています。

十分ぶ厚いですが初めてローソンサンドを見たときほどの衝撃はないかな。

紙パック入りなのはまい泉っぽくていいんですけどね。

 

 

★味

味は似ているようで結構違います。

ローソンはかなり甘めのソース。

ミニストップは甘酸っぱい家のソースのような味です。

どちらかといえば私はローソンのソースのほうが好きですね。

 

キャベツの扱いにも違いがあります。

ローソンはキャベツにあまりソースをつけずシャキッとした食感を残しています。

ミニストップは完全にソースと一体化させてしんなりさせています。

とんかつを食べる時にソースをキャベツにかける人なら、ミニストップの方が好きかもしれません。

 

 

★肉質

どちらも柔らかくて美味しいカツですが、より肉肉しいのはミニストップな気がします。

カツの大きさも多少はミニストップの方が大きそうですし、肉重視ならミニストップに1ポイント。

 

まとめ

甲乙つけがたいですが、個人的には微差でローソンの勝利です。

ほとんど差はありませんが、カツの衣の味はローソンの方が上かなと…。

あと細かいですが値段も下ですからね。

ガッツリいきたいときはミニストップのカツサンド食べますけど。

 

ローソンのカツサンド記事はこちら。

ローソンまちかど厨房の厚切りロースかつサンドをレビュー!

セブンイレブンのカツサンドも食べました。

やわらかロースカツサンドBOX(セブンイレブン)を食べてみた

---スポンサーリンク---