手作りの味がウマすぎる!まちかど厨房を勝手に語る

 

まちかど厨房のお店が増えていませんか?

何それって方のために説明すると、まちかど厨房と言うのはローソンにある専用キッチンのこと。

これがあるお店では、店内調理のお弁当やサンドイッチなどが販売されます。

 

たいてい外の看板に「店内キッチンあり」と書かれていたり、調理する人が髪を落とさないよう帽子をかぶっているのですぐわかります。

あと、店内にソースの匂いが漂っていたりしてね。

 

で、最近近所で買えるようになったので、この手作り味にハマっております。

中でも気に入っているかつサンドの感想、さらにまちかど厨房の魅力を語らせていただきます。

---スポンサーリンク---

厚切りロースかつサンド

こちらが「厚切りロースかつサンド」です。

価格は税込399円。

生半可な厚切りメニューが裸足で逃げ出すインパクト十分のビジュアルです。

 

 

中心部は2.5センチとヤケになった肉屋が作ったカツみたいになっています。

こういうのって斜めに切れていて断面部分だけ厚く見せるパターンが多いですが、このカツはざっくり垂直カット。本当にこの厚さです。

 

パンはふわふわ過ぎず固すぎずのノーマルな食パン。

からしマヨが薄く塗られていてキャベツと一緒に挟み込まれています。

 

 

ロースの割に油少なめの肉。

これがさっくり噛み切れる柔らかさでウマいです。

 

ソースはとんかつソースじゃなくて少し酸味のある野菜ソース。

ちょっと甘めの味付けがサンドイッチに非常にマッチしています。

 

 

厚切りロースかつサンド

価格:税込399円

カロリー:627kcal

 

味・インパクトともにまちかど厨房の中でもバツグンです。

まちかど厨房はじめてという方には、ぜひこのカツサンドから食べてみてほしいです。

 

あまりの分厚さと形の良さから成型肉かなと思いましたが、どうも繊維の感じからすると違うみたいです。

よく焦がさずに火を通せるものだと感心してしまいます。

 

 

まちかど厨房メリット・デメリット

 

まちかど厨房の良いとこ悪いとこを思いつくまま並べてみました。

 

メリット

 

★値段の割に量多い

こういう手の込んだ物はたいてい値段が跳ね上がるのが一般的ですが、まちかど厨房のメニューは意外にリーズナブル

おにぎりなんかだと164円からありますし弁当でも400~600円クラスがほとんどです。

普通の弁当のちょい上くらい。

それでいてボリュームは明らかに上回っています。

同じように見えてもご飯の深さが全然違いますからね。

 

 

★米が美味しい

先日カンブリア宮殿でも取り上げられていましたが、ご飯は「ゆうだい21」というお米が使われています。

このお米が冷めてもモッチリ感が減らずにウマいです。

炊き方も上手いこと工夫しているんだと思いますが…。

 

 

★油がいい

どうしてもお弁当は揚げ物が多いんですが、胸焼けするようなしつこい後味がありません。

油がいいんじゃないでしょうか。たぶん。

 

 

★いやな後味がない

出来合いの弁当を食べた時のあの独特な後味がありません。

油だけでなく、保存料とか調整剤がない(少ない)からでしょう。

 

 

★値引きされる

お店にもよりますが、まちかど厨房のメニューはガンガン値引きされます。

賞味期限が短いから余るリスクが高いんでしょうね。

店長には悪いけどこれはありがたいです。

 

デメリット

 

★女性向きのものが少ない

肉系揚げ物系でボリューム満点なので女性は買いづらいかもしれませんね。

ほどよいサイズの弁当があるといいかも。

 

 

★味甘い

全体的に甘めの味付けです。

私は好きですが濃い味が好きな方には物足りないかもしれません。

 

 

★希望のものがない

お店によってメニューに偏りがありますね。

私が行く店では、おにぎり・焼きそば・生姜焼き系は見たことないです。

カツ系は充実していますが、それでも希望のものが置いてある確率は50%くらい。

めちゃめちゃ売れる店には全部揃っているんでしょうか…?

 

 

★食べごろは短い

やっぱり出来たてじゃないと味は落ちます。

ご飯が固くなったりはしませんが多少粘りが強くなってしまいます。

 

 

★店内が匂う

デメリットというほどではありませんが、店内には油とソースの匂いが漂っています。

ドリップコーヒーの匂いと同じですぐ慣れると思いますが…。

 

半額になる時間は

 

気になるのは値引きのタイミング……というか、いつ半額になるのか?ですよね。

店舗ごとに違うとは思いますが、私が行く店での傾向を紹介します。

 

 

値引きは3段階。

50円引き・100円引き・半額シールが時間経過とともに重ねて貼られます。

 

まずお昼にむけて定価で弁当が並びます。

ピーク時を過ぎたらすぐに50円引きに。(13時ごろ

おやつの時間には100円引きに。(15時ごろ

残り物とは違うメニューで夕飯用のお弁当が並び、余っている弁当には半額シールがぺたり。(17~18時ごろ

半額弁当は廃棄され夜用の弁当が値下げスタート。(19~20時ごろ

 

昼弁当の賞味期限が19時ごろなので、そこまでに売り切ってしまう感じですね。

夕飯ピークのちょっと前がもっとも半額弁当にありつけそうです。

遅い時間でよければ、22時から0時あたりが夜弁の半額タイムじゃないかと思います。

 

午前中は商品が少ないせいか、あまり値引きされてるのは見ないです。

住宅街のローソンの話なので繁華街の店舗だと時間帯がまた違うかもしれません。

 

まちかど厨房のある店舗ってどこ?

 

まちかど厨房のあるローソンは店舗検索ページから調べられます。

「絞り込み条件を指定する」でまちかど厨房有りにチェックを入れて検索すればOK。

思ったよりたくさんありますね。

 

ローソン 店舗検索のページへ

 

その他の弁当レビュー

 

食べたお弁当の感想を徒然なるままに書いていきます。

 

ダブルたまごの親子丼

ダブルたまごの親子丼
税込598円
805kcal

 

ぱっと見ふわとろ卵なので、常温置きして大丈夫なのかと思いましたが…。

まわりの卵は半熟じゃなくてあんかけ状になっていました。

とろみの付いた濃い卵スープと言ったところ。

で、プラス味付きの温泉卵がのっていると。

恐る恐るレンジにかけてみましたが、700W1分くらいでは温泉卵が弾けたりはしませんでした。

 

ベースの卵はかなり甘めの味ですが、鶏肉には照り焼きっぽい味がついています。

濃すぎず薄すぎずおかずにはちょうどいい塩梅です。

コクの面からも温玉を入れたのはナイス判断。

 

海鮮かき揚げ丼

海鮮かき揚げ丼
税込500円
802kcal

 

ニンジン・玉ねぎにエビとイカを加えた海鮮かき揚げ。

タレは甘めで濃い味じゃないのでドバっとかけても辛すぎないです。

かき揚げには桜えびが定番だけどこれにはデカめのエビが入っています。(バナメイエビ?)

さり気なく入っている春菊が美味しさを底上げしています。

 

鶏から弁当

鶏から弁当
税込550円
805kcal

 

大きな唐揚げ5個にキャベツとポテサラ付き。

美味しいけど唐揚げは他のお弁当との差がわかりにくいですね。

ご飯が別皿になっているので丼物よりお米の美味しさを堪能できます。

ジューシーで衣が厚くないのも良かったです。

 

豚ロース生姜焼き丼

豚ロース生姜焼き丼
税込500円
670kcal

 

丼といってもご飯にキャベツと豚の生姜焼きをのせたシンプル弁当。

肉一枚が大きいのと味付けが甘めなのでおかず不足感あり。

後半はマヨネーズの力で飯を食べる羽目に…。

何か付け合せが欲しいですね。

 

まとめ

 

スイーツブログなのに思いっきり弁当を語ってしまいました。

いわゆるコンビニ弁当とは味がずいぶん違うので、敬遠していた方は一度食べてみてください。

---スポンサーリンク---