純生クリームチョコレート

今回はローソンの純生クリームチョコレートをいただきます。

2月の上旬、バレンタインの時期に力を入れて販売していた商品ですね。

男が一人でチョコを買って行ったら、あらぬ誤解を受けそうなので横目で見ながらスルー。

いまさら買ってみました。

---スポンサーリンク---

 

「純生クリーム」チョコレートとありますが、普通の生クリーム入り生チョコとは違うんでしょうか。

先に原材料表示を見てみます。

食品表示

特別変わった材料はないですね。

純生という言葉の響きが持つプレミア感を狙ってのネーミングでしょうか。

確かに生チョコレートには雰囲気作りは重要な気がします。

ちなみに洋酒が入っているタイプのチョコのようですね。

開けてみましょう。

 

純生クリームチョコレート

開ける前に裏返して材料見たりしてたんで、カカオパウダーが少し散らかってしまいました。

 

純生クリームチョコレート

9粒入りですね。

もっと少ないセットもあるみたいですが、今日売り場に並んでいたのはこのタイプのみでした。

ケースに付いた粉をティッシュで拭いたら、白っぽい繊維がついてしまい収集がつかなくなってしまいました。

ガサツですみません。

 

1個

金色の串が高級感を演出しています。

こういう雰囲気作りは大事ですよ。(どの口が言うんだ)

直前まで冷蔵庫で冷やしていたのに、さっくり串が刺さりました。

さすが生チョコレート。

 

いただきます。

一口

う~ん、濃厚。

普通のチョコレートのような甘ったるい感じはありません。

でもビターチョコレートのような苦味まではなく、まろやかな口当たりです。

材料に洋酒とありましたが、軽い香りづけ程度ですね。

ウイスキーボンボンのような味を想像してしまいました。

これならお酒の苦手な人も大丈夫だと思います。

 

半分にカット

フォークで割ってみました。

ギュッと中身が詰まっています。

こういうチョコレートはパクパク数食べるものではないですね。

 

7

あら。

勢いに任せて全部いってしまいました。

ごちそうさまでした。

総評

一つ一つのキューブは大きくありませんが、濃縮された生チョコレートなので満足度は高いです。

まわりのココアパウダーが苦味と風味を足し、味のバランスを取ってくれています。

買うときに少ないかなと思いましたが、生チョコ9粒あれば物足りなさは感じませんね。

むしろ、もうちょっと大事にちょっとづつ食べればよかったと、反省しています。

 

好みの話しになりますが、洋酒はもう少し効いていても良かったかなと。

大人のお菓子に寄せすぎるのを嫌ったんでしょうか。

 

食品表示2

気になるカロリーは239kcal

お値段は260円(税込み280円)

---スポンサーリンク---