モッチリもちとミルキーアイスの組み合わせ!やわもちアイス

今回は井村屋から発売されている「やわもちアイス」をいただきます。

 

もっちりスイーツは好きですが、真夏の暑さの中ではあまり食べる気がしませんよね。

でもモチがひやっと冷たかったら?

そんな願望に応えるべく作られた、アイスにモチをのせた夢のスイーツです。

ちょっと大げさですが…。

---スポンサーリンク---

やわもちアイス つぶあんミルク

こちらが「やわもちアイス つぶあんミルク」です。

平たいカップタイプのアイスです。

スーパーの「アイスどれでも2個150」セールで買いました。

 

 

ぺりっとオープンするとこんな感じ。

アイスの上にモチが5個配列されています。

カップのやわもちアイスはこれが基本形です。

 

 

アイスクリームはミルキーですが口当りはさっぱりした甘さ控えめタイプ。

やや固めなのでちゃちなスプーンだと食べづらいかもしれません。

 

上のモチは団子のように丸く見えますが、実際は平べったい形になっています。

ひんやり冷たいのに全然固くありません。

モチモチと気持ちのいい歯ざわり。アイスより柔らかいんじゃないかな。

 

モチの周りはネットリあんこで覆われています。

あんこの甘さがアイスを一気に和風味にしていますね。

しっかり小豆食感のある本格的なつぶあんです。さすが井村屋。

 

やわもちアイス わらびもち

こっちは同時購入の「やわもちアイス わらびもち」です。

モチはモチでもわらびもち。

フタに書いてある和三盆アイスというのも気になりますね。

 

 

なるほど確かにわらびもちです。

そこそこ弾力はあるものの、噛み心地はこっちのほうがマイルド。

きな粉の香ばしさと黒蜜ソースの濃い甘さがプルンとしたわらびもちによく合います。

 

アイスは……どうだろ?

つぶあんミルクのアイスと比べるとミルク感が少ないような気がしますね。

微妙な違いですが、より上品でスッキリした甘さになっています。

口どけや固さなどはほとんど変わらないんですけどね。

 

つぶあんミルクはミルクアイス

わらびもちの方はラクトアイスが使われていました。

だからサッパリ後味なんですね。

 

感想

どちらも美味しいです。

よりモチモチ感があるのはつぶあんミルク。

さっぱりした和テイストが好みならわらびもちがおすすめです。

 

モチが5個も入っているので普通のアイスよりボリューム感はしっかりありますよ。

両方とも甘さは控えめなので重くはありません。

 

やわもちアイス・カロリーや値段

 

  カロリー 税抜き価格
つぶあんミルク 252kcal 130円
わらびもち 215kcal 130円
抹茶つぶあん 234kcal 130円
京きなこつぶあん 252kcal 130円

 

現在発売されているカップタイプのやわもちアイスのカロリーをまとめました。

やっぱりわらびもちだけカロリーが低いですね。

 

ちなみに価格はお店次第です。スーパーなどではガンガン値下げされています。

コンビニだとたぶんこの定価のままだと思います。

 

やわもちアイスはどこで売っている?

 

 

 

やわもちアイスを売っているのは、スーパードラッグストアなどが多いですね。イオンとかマツキヨとか。

私は近所の「スーパーバリュー」で買いました。(2個で150円)

 

コンビニでは置いてない店も多いです。

ファミマや大きな冷蔵庫のあるローソンなどでたまに見かけます。

セブンイレブンでは見たことがありません。

 

通販でも売っていますが送料がネックになるのでアイスだけ買うのはコスパが悪いです。

値段を考えると、やっぱりスーパーで買い揃えたいですね。

---スポンサーリンク---