真っ赤な果肉にタネまで再現!見た目もこだわったスイカのハロハロ!

今回はミニストップの「ハロハロ すいか」をいただきます。

6月16日に発売されたハロハロの新作です。

 

なんでも今年のハロハロは過去最多の7種類が投入予定だとか。

その中でもミニストップが「夏の本命」と位置づけているのがこのスイカのハロハロです。

見本写真だとスイカそっくりのハロハロでしたが実物はどうなんでしょう。

---スポンサーリンク---

ハロハロ すいか

 

■ハロハロ すいか

価格:320円(税込)

カロリー:265kcal

 

 

カロリーは高くもなく低くもなく、ハロハロの中では平均的ですね。

値段は他のハロハロが200円台なので頭一つ抜けています。

材料にコストがかかっているようには見えませんが、作るのに手間はかかっていそうなのでそのせいでしょうか。

 

 

ハロハロ すいか販売期間はいつまで?

 

ハロハロの販売期間は8月後半から9月前半に終了する店舗が多いようです。

終了時期がハッキリ決まっていないので、お店やメニューによってなくなってしまう時期はマチマチ。モノによっては夏に入ってすぐ消えてしまう場合もあります。

 

ただ、スイカ味は今年を代表するハロハロでもあり遅めの発売でもあったので、結構終盤まで置かれる可能性が高そうです。

おそらく暑さの厳しい8月いっぱいはスイカのハロハロが楽しめるんじゃないでしょうか。

---スポンサーリンク---

ハロハロ すいかを持ち帰り

こちらが「ハロハロ すいか」の持ち帰りセットです。

大きなフタを付けてくれるので持ち運びは簡単です。

ですが保冷剤などはないので、真夏だとあまりもちません。

10分くらいが限度でしょうか。

 

 

むう、確かにスイカ意外の何者でもありません。

SNS映えしそうなフォトジェニックな外見ですね。

(フォトジェニックの使い方あってる?)

 

香りは全然スイカっぽくないですね。

なんだか普通のゼリーみたいな臭がします。

 

 

側面はこんな感じ。

中のかき氷はグリーンになっています。

 

いただきます

ベースの赤いゼリーはスイカ……ではないですね。

なんだろう?ホントに普通の甘いゼリーです。

トロリと柔らかくてのどごしが良いのでウマいですけど…。

 

黒い種はほろ苦いココアクッキーでできています。

甘さはほとんどありませんが、サクサクとした食感が楽しめます。

 

 

ポコポコ目立つキューブはナタデココです。

コリコリと心地良い歯ざわりでハロハロの具としては定番ですね。

 

で、隣の濃い赤の塊がすいかゼリーです。

ゼリーと言っても口にした感覚はスイカの果肉そのもの。

シャリシャリ感やスイカのみずみずしさがダイレクトに味わえます。

 

とても美味しいんですがこのゼリー、ちょっとしか入っていないんですよね。

なんでも製造過程でスイカのタネを一つ一つピンセットで取り除いているんだとか。

そんな手間がかかるんじゃゴロゴロ入れるのは無理か…。

 

 

あっさりしたスイカの味とミルキーなバニラソフトの相性はなかなかいいですね。

トロリとなめらかなクリームの中でココアクッキーやナタデココの食感の変化もより際立ちます。

 

 

スイカの皮を表現している緑のかき氷です。

果汁入りのスイカシロップにスイカには付き物の塩がプラスされています。

 

美味しい。美味しいけど……スイカかなあ、これ?

どうしてもメロンの味を連想してしまいます。

やっぱりウリ科のものを甘くするとメロン味に行き着いてしまうんでしょうか?

 

かき氷としてはさっぱりした甘さで食べやすい味です。

ザクザク食べても甘ったるくないので暑い日にはいいですね。

 

総評

美味しいです。

食べているときにはそんなに強くスイカの味を感じませんが、完食後に残る後味はやっぱりスイカでした。

スイカ自体がそこまで主張してくる食材じゃないですからね。

控えめな甘さと風味がかえっていい感じです。

 

スイカそっくりの涼し気なビジュアルとベタつかないサラッとした甘さで、夏にピッタリのハロハロに仕上がっています。

---スポンサーリンク---